« 勇気ある撤退も必要 | トップページ | 冷たい海につかりたい »

2015年5月14日 (木)

海外(ショップも外人オーナー)ダイビングあるある

昨日の記事の続きですが…。

よく海外に行くと、ダイブマスター修行中(資格を取ったばかりで鍛錬中なのか、何本か練習したのちに晴れてダイブマスターになる途中なのか不明)の人にガイドさせている光景はよくみますね。

ダイビングフィーが特に安くなるわけでもないし。

やっぱりご一緒すると難もあるわけで。

ガイドダイビングに指導イントラも帯同すればいいのですが、同じ船、同じスポット(あたり)には潜るけれど、そのダイブマスター候補生のことは特にみていない。

へたすりゃ一緒に来なかったり。

DMならまだしも、OWの海洋実習についてこないイントラまで。

     Rimg0037

長逗留のバックパッカーが、OWとり、AOWとり、レスキューとりーの、島には長くいたいけれど、寝るところとご飯のお金がなあ、と思ったところに…

ショップのオーナーから

「ダイブマスターとっちゃいなよ。宿は提携宿か、うちのスタッフ宿泊所を使えばいいし、ランチはつくしね。」

なんていわれたりして(少し想像も入っているけれどこんなもん)

     Rimg0035

また、うちは少人数で潜りますよっ!! ってうたい文句のショップでありがちなのは、何千本も潜っている百戦錬磨ダイバーと、昨日講習が終わったばかりのぴよぴよダイバーと同じところで潜らせるところ。

うまいチームとぴよぴよと同チームにすることで、ガイドはぴよぴよに専念、「あなた達は上手なので、好きにもぐっちゃって下さい」みたいな。

それで、百戦錬磨夫婦が、トーンと待ち合わせ場所に沈むと、待てど暮らせどぴよぴよとガイドが降りてこない。

その間20分とか。

沈船なんかも、中に入るのを強要するんじゃなくて選ばせるべき。

とくに上級のレックだったら、2人ガイドで、外で遊んで写真撮ったりのチームと、中にはいりこむチームを分けるとか…。

              にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ        にほんブログ村

« 勇気ある撤退も必要 | トップページ | 冷たい海につかりたい »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外(ショップも外人オーナー)ダイビングあるある:

« 勇気ある撤退も必要 | トップページ | 冷たい海につかりたい »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー