« GJ | トップページ | 古いタイプ復活? »

2014年9月 8日 (月)

Kan kan kanbe 第36回

刃向かう者はほろぼすのみ…たてつくものはすべて排除しようとする秀吉が、バテレン追放令を出し、この前入信したと思った官兵衛はあっさり棄教。

それは建前で、心の中ではよりどころにしていたようですが。

秀吉との溝がだんだんと深まるのを感じつつ、官兵衛は住み慣れた播磨を家族とともに離れて九州に入ります。

当時のお引っ越しはさぞかし大変だったでしょうね。

官兵衛はさっそく検地を行ったり三条の掟を布告したり。

  Rimg0198

ただし、ここにお引っ越しを拒む者が…。

所詮は田舎の地侍と揶揄された宇都宮(城井)鎮房ですが、あの頃日本中の侍が田舎の地侍じゃ…??

その鎮房は、宇都宮信房が頼朝により任じられた役により豊前を400年もの間、支配しているので、いまさら四国とか冗談じゃないって鼻息も荒いわけです。

しかも拒んだせいで、与えられるはずの地も没収されてしまいます。

行き場がないのう…(u_u。)

そこで秀吉の古参の家臣、毛利勝信の領土に間借り…。

勝信も同情していろいろ画策しますが…。

勝信の流れで2時間ドラマすらできそうなんだけど、佐々成政みたいにちらっと出ておしまいなんだろうな。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« GJ | トップページ | 古いタイプ復活? »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第36回:

« GJ | トップページ | 古いタイプ復活? »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー