« 世界平和… | トップページ | Kan kan kanbe 第33回 »

2014年8月16日 (土)

怪奇譚からセルフダイビングのおすすめ

第79話は、初登場のFUJIKAZE様、奥様とバディダイビング@大瀬でのできごとでした。

それで…ダイビングなさらない方への補足です。

ダイビングは、通常、ガイドさん(山における山岳ガイドさん、札所めぐりにおける先達さんのような…)と一緒に潜ります。 

その海に慣れているし、旬なものもよくご存じのガイドさんについて行くと、添乗員さんと一緒の旅行みたいで、安心度も増すわけです。

ただし、その海域にすごくなれている、どこに何がいるか把握している、またはFUJIKAZE様ご夫妻のように、カメラ派ダイバーの方々は、ほかのダイバーに気をつかわず、存分に写真を撮れる、ということで、あえてガイドはたのまずに、登録をしてタンクを借りる、そして2人以上にて潜る…というのがセルフダイビングです。

海外では、最初は一緒にガイドさんが来て、「君らはあっちに行くといいよ」と離れ、最初のところに戻るか、そのまま浮上するか、とりきめ通りにExitすることも多いです。

   R0010258

浅場に戻ってきた時、自分って1分にどのくらいキックするのかな、どのくらい進むのかな、とか意識してはかってみたり、1本目はガイドさんと、2本目はさっき潜った逆コースをバディといってみるとか、練習して、セルフで潜るとぐぐーーんと上手になりますので、おすすめですね。

陸上でも方向音痴な私が、海ではいっそう…と思っていたのですが、先生方に「陸上では何を目標にする?銀行とか?海にも○○銀行みたいなのがあるんですよ~」といわれ、特徴のある岩などをおぼえるようにしました。

もちろん無理は禁物ですよ。

はじめたばかりでしたら、やはりガイドダイビングが基本です。

よく「日本のダイバーは金魚のふん」などと揶揄する人がいますが、金魚のふんけっこう!てか、ガイドの前にまわらないようにしましょう。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 世界平和… | トップページ | Kan kan kanbe 第33回 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇譚からセルフダイビングのおすすめ:

« 世界平和… | トップページ | Kan kan kanbe 第33回 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー