« 怪奇譚からセルフダイビングのおすすめ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第27夜~ »

2014年8月17日 (日)

Kan kan kanbe 第33回

なんだかんだで2/3程ストーリーが進んだ、というところでしょうか。

前回で父を見送った官兵衛でしたが、今回は洗礼を受けて、キリシタンとなるところまで。

天下惣無事を掲げる秀吉に対し、天下惣無事など絵空事!とわざと挑発した道薫(村重)に深い悲しみを見出した官兵衛が、入信を決意します。

結局、いい話でしたが、ここに1話まるまる全部使ってしまいました。

息子又兵衛に筆を渡して、ついに村重はこの番組をあとにしました。(翌年死去とナレーション)今回の大河、かなり出番がありましたね…。

こうやって、官兵衛との因縁の関係が終わります。

村重の慟哭…田中さん、さすがでした!! o(*^▽^*)o

  00260060

秀吉といえば、成り金の証のような豪奢な「黄金の茶室」ですが、利休が眉をひそめた、いや利休こそが設計から携わってたなど諸説あるようです。

わびさびと金が結びつかないわ~。

そして、茶々…。

目も鼻もなんもかも丸くて健康的でかわいいんだけど…まったくイメージと違う。悲しいほどに。

憧れの(三国一の美女といわれた)お市に一番似ていたという、キリッとしつつも、儚げで哀しい美女…秀吉の命にて、子供だった兄も殺されて、となったら、どんな葛藤が??

元気な町娘の方があってね??

これから秀次と対立したり、難所が待ち受けていると思うけど。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 怪奇譚からセルフダイビングのおすすめ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第27夜~ »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第33回:

« 怪奇譚からセルフダイビングのおすすめ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第27夜~ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー