« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第22夜~ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~一休み~ »

2014年7月29日 (火)

スノーケリングをする前に

東伊豆の海岸線に沿って流れて助かったスノーケラーのお兄さん、よかったですね。

日焼け跡は痛々しいですが、大事に至らず…。

IOP周辺のショップでは、スノーケリング教室とかも、けっこうやっているので、これから伊豆の海でスノーケリングをしたいな、と思われる方は、本格的に海に入る前に、一度ご参加されることをお奨めします。

足がつった時の処置の仕方、セルフバージョン、お友達とのバージョン。

プール等で、スノーケル呼吸、疲れない泳ぎ方などの練習もします。

もちろん今回のようなサバイバルフロートは体力を消耗しませんが、遥かかなた、誰も見つけてくれないところまで流される場合もあります。

   Rimg0420

今回の潮流では、あまり沖にもってかれなかったようですが。

スノーケルをくわえて、体を立てれば、息もできます。

腕組みでもして浮かんでいれば、もっと体力を消耗しないはず。

フィンを装着しているので、素足よりも推進力があがります。

足は動かさなくても浮いていられますが、時々バランスとるようにゆったりとかく。

どなたかが(浮いているのは漂流時の)お手本の用、と言っていましたが、たまたま運がよかったので、これから見た人が全員うまくいくかというと…そんなことはないはずです。

フラットなかっこうで沖に出て、船にぶつかることだって。

マスクはしていたといいますが、上向いてたら、目がやられるかも。

マスクつけて(スノーケルはずす)のサバイバルフロートは、鼻に水が入らず口で呼吸できますが、スノーケルをくわえて、からだを立てれば、半水面でも呼吸ができ、位置もわかります。

水辺で遊ぶシーズンですが、しっかり準備をしたいものです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第22夜~ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~一休み~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーケリングをする前に:

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第22夜~ | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~一休み~ »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー