« 影響力を考えると… | トップページ | Kan kan kanbe 第26回 »

2014年6月29日 (日)

映画の「予告」っていいな

映画の予告を専門に製作している会社がありますが、予告ってほんとうによくできているなぁといつも感心してしまいます。

映画館やテレビ、ユーチューブでたくさん観る機会がありますよね。

数分、あるいはものの1分の映像で「観にいきたいな!!」と思わせるだけのものをつくるなんて!!

予告だけで涙が出ることもしばしば。

そして、本編をみて「あれっ」と思ったことも何度か。

予告の方がよかったってことありませんか??

今気になっているのは「マレフィセント」
 

  01610097

予告だけでおおよそわかるようになっているんですね。(。>0<。)

子どもの頃から慣れしたしんだ??悪役にも「諸事情」が…。

こうなったら、白雪姫のお義母さんやら、シンデレラのお姉さんのキャラも、なんかわけあってあんな風になったのかも、、なんて想像をかきたてられます。

これまた大好きなonce upon a dreamが効果的に使われて、アンジーの哀しそうな顔が印象的な予告となっています。

  ほんとに悪いのは××じゃんかっ!!

    マレフィセントの青春(?)を返せっ!! てか!

すべてを知っても「末永く幸せにくらしましたとさ」となるのか??

子どもの頃はなんて浅はかだったんだっ!!←おのれに(||li`ω゚∞)

ディズニー映画って子どもの頃はよくみていましたが、最近はとんと。

映画そのものも、映画館ではなかなか観なくなりました。

予告だけで流れて本編で使えない(それこそ諸事情で)音楽使ったりとか、予告ってほんとにすばらしいですね!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 影響力を考えると… | トップページ | Kan kan kanbe 第26回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

予告編というのは確かにすごい
見たくなるようになっていますね。
劇場公開されると,別のバージョンの
予告になって,それが上映中に,更に
変わったりするものがありましたね。
 
映画館に足を運びたいと思いながら
あまり足を運んだことがありません。
見たい映画はいっぱいあるのに,
私は行動力が伴っていませんね。
 

nadoyama様 いつもお越しいただき、ありがとう
ございます。

映画は、観にいったものよりも「予告」の方が、
心に残っているものもありますね。
最近はあっという間にDVDになりますし、邦画は
次の年にはテレビで…。
それでも、たまには大画面で観たいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画の「予告」っていいな:

« 影響力を考えると… | トップページ | Kan kan kanbe 第26回 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー