« 京都…を食べる | トップページ | さんすう犬の柴わんがかわいい件 »

2014年5月25日 (日)

Kan kan kanbe 第21回

土牢の中で息をしている官兵衛に届いたしらせは、愛息の成敗。

憎き信長を討とう!! 息子の敵討ちを!!と、村重はせまります。

もう死んでもいいやって気になりますよね…官兵衛も、光も生きる希望を失ってしまいますが、半兵衛の計らいで、松寿は死なずに、かくまわれていたのです。

それを知らせるのに、生き生きと青い松の扇子を黒田家に送り、無事を知らせるおねなのでした。

官兵衛は、土牢の中でだしの「死んではなりませぬ」を、亡き母のものととらえ、藤の花のつぼみをじっとみるうちに、とらなかった食事をとるようになりました。  

  Rimg0484

どの小説でも、信長のお母さんは次男を愛していて信長に冷たく、息子を殺されて、いっそう確執が深まったと書いてありますよね。

何人殺せば気がすむのか、といわれて眉も動かさない信長ですが心中はいかに。

本当に心から信頼していた人は少ないでしょうね。

松寿の命の恩人、半兵衛の命の灯火も消えかけています。

誠意は人を動かして、自分の大切なものを守ってくれます。

たとえ、手の届かない所にいても。

そんなことを感じた今回でした。

次回は、村重、有岡城を脱出しますが、ほんとに逃げ出したのでしょうか。

私は違うような気がしますケド。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 京都…を食べる | トップページ | さんすう犬の柴わんがかわいい件 »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第21回:

« 京都…を食べる | トップページ | さんすう犬の柴わんがかわいい件 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー