« 明日は満月 | トップページ | なだ万キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

2014年4月15日 (火)

「赤毛のアン」どっかにあったはず

朝ドラで、翻訳家村岡花子さんの生涯が評判になっています。

と、いうことで…

確か、我が家にもあったはず…。

少女時代に読んだはず…。

と、さがして出てきた何冊か。

でも、なぜか「赤毛のアン」だけ村岡さんの翻訳ではないのです。

続編の「アンの青春」だとかは村岡さんの訳によるものですが。
 

 201404151407000

どうやら、この神山妙子さん訳(旺文社版)は絶版となっていて、愛好家の方も探しているよう。

当時、村岡さんの「赤毛のアン」は、完訳ではない、とあることから、これを買った??

買ってもらったんだっけ??

全然覚えていないのだけれど。

どんないきさつで、私のもとにやってきたのか。

その後も10人以上の方が訳されていて、ほんと日本ではおなじみの本です。

また読んでみようっと。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 明日は満月 | トップページ | なだ万キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「赤毛のアン」どっかにあったはず:

« 明日は満月 | トップページ | なだ万キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー