« 食べた分は歩かんとね… | トップページ | 小説とダイビング »

2014年4月20日 (日)

Kan kan kanbe 第16回

援軍を今か今かと待っている上月城陣営でございました

見捨てよ、とばっさりな信長に、播磨も動揺…。

いよいよ激戦の渦に巻き込まれていく中に、光の生まれ育った志方城も入っていて…。

光がお姉さんぽすぎるので、左京進の妹というのがなんかいまだに慣れませんが二人は袂を分かつのでありました。

いよいよ孤立した上月城では、山中鹿介がうっすい粥を食す主を励ましていて泣けます。

後世いろいろいわれてます「彼こそ忠義」「いや忠義の人ではない」などと。

 

  201404051457000

忠義の人、かと信じたいけれどね。

この鹿介の息子がのちの鴻池財閥の始祖、鴻池直文(新六)というから、武士の子がものすごい豪商へという流れでドラマが1本できそうですね。

官兵衛はといえば…。

今週はカゲが薄かったような。

濃い武将がたくさん出てきますからね。

画面も暑苦しい時がありますし。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 食べた分は歩かんとね… | トップページ | 小説とダイビング »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第16回:

« 食べた分は歩かんとね… | トップページ | 小説とダイビング »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー