« いろいろと考えるダイバー | トップページ | 同じ100均でも… »

2014年3月 2日 (日)

Kan kan kanbe 第9回

官兵衛が、自分の直属の上司??小寺政職の説得にてこずっていると、半兵衛が荒木村重をつかって助け舟を出してくれました。

官兵衛は、もう少し時があれば必ず説得できたものを、とくやしそう。

兵の情は速やかなるを主とす。

と、半兵衛は孫子を用いて諭します。

半兵衛がずいぶんお兄さんにみえますが、歳はあまりかわらないのですね。

  Rimg0203

洋の東西を問わず、昔から財力を欲しいままにしていた寺やら教会などが、時の為政者と敵対していますね。

石山本願寺しかり。

寺地は台地にあり、小坂(おさか)と呼ばれ、大坂(大阪)の地名の元になったのだとか。

要塞のような堅牢な寺は城郭化し、石山本願寺城とも呼ばれ、織田信長と10年以上の長きに渡り戦い続けたのです。

その財力は大名(リッチな)クラス以上とも。

そんな石山本願寺が、毛利と追放された足利義昭と結託して姫路近くまで大軍勢で押し寄せてくるのが次回ですね。

水の要所英賀(あが)に水軍といえば、の小早川隆景がしかけてきますよぅ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« いろいろと考えるダイバー | トップページ | 同じ100均でも… »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第9回:

« いろいろと考えるダイバー | トップページ | 同じ100均でも… »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー