« めぐりめぐって | トップページ | 明日の朝!! 新月ですっ!! »

2013年12月 1日 (日)

Sakura sakura 第48回

襄は大磯にいることを八重に知らせず、最後の仕事をしていました。

それでも八重は襄からの便りの筆の弱弱しさに、ただならぬものを感じ、襄の元へかけつけるのでした。

そして、グッバイと別れをつげ、襄はひとり旅立って行きました。

あと3回となった八重の桜。

日本赤十字社篤志看護婦人会にて、看護学を学ぶ八重。

  201308170943000

当初は「襄が寂しがる」と京都に残ろうとする八重でしたが、それでも新島襄の妻かと覚馬に一喝されて、捨松のところに向かいます。

襄がまいた種があちこちで芽を出し始めていました。

とはいうものの覚馬の命のともしびも…。

不戦の魂を同志社の生徒に説いて…。

いよいよクライマックスですねぇ。

ちょと気になったのは襄がいる時はジョーといってたかも知れませんが「襄の××が…」と他の人にもいったのかなぁと。。

せいぜい「新島の…」といってたんじゃないかな。

まっいっか。


人気ブログラ ンキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビ

ングへ
にほんブログ村

« めぐりめぐって | トップページ | 明日の朝!! 新月ですっ!! »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第48回:

« めぐりめぐって | トップページ | 明日の朝!! 新月ですっ!! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー