« こんこんと | トップページ | びんていじ »

2013年12月 8日 (日)

Sakura sakura 第49回

いよいよ来週が最終回となってしまいました。

早いものですね…。

時代を牽引した覚馬もその瞳を閉じる日がきました。

力には知恵で抗えと渾身の力で説く覚馬ですが、日本は清との戦争に突入するのでした。

傷ついた者すべてを助けようとする八重達。

戦の傷はむごいものですよ、と八重。

  201103301528001

また容保が最後の願いと、山川兄弟に御宸翰を託します。

あの時すべてのものが徳川に背をむければ、まことの武士など、どこにもいなくなってしまう、という大蔵。

ほんとにそう思います。

次回は頼母も登場して、いよいよ最後ですね。

すっかり年末ムード…。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« こんこんと | トップページ | びんていじ »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第49回:

« こんこんと | トップページ | びんていじ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー