« 気力で投げて、風船が雨空に | トップページ | ずれているのはおいらだけではない »

2013年11月 4日 (月)

Sakura sakura 第44回

襄が体調を崩しながらも、資金集めのために欧州をまわっています。

今生の別れのような手紙と、それを取り消す手紙が前後して到着し、八重達はパニック。

たとえ命のともしびが消えかかろうと、ひとり旅する襄を思う八重は「襄のライフは私のライフ」と、ますます彼を支えようと決意するのでした。

襄の留守の間はきっちり守りたいものですが、英学校も女学校もがたがたしています。

次回も八重のあちらこちらに奔走する姿がみものですね。

 

   Rimg0347

がたがたするといえば、山本家も。

青森から出てきた書生さんが、何やら時栄と…。

予告では、かなりの勢いで八重が時栄をせめていましたね。

いつの世も、裏切った人は裏切られるのかな、なんてね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 気力で投げて、風船が雨空に | トップページ | ずれているのはおいらだけではない »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第44回:

« 気力で投げて、風船が雨空に | トップページ | ずれているのはおいらだけではない »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー