« 気になる鳥の声 | トップページ | まだ気になる鳥の声 »

2013年11月17日 (日)

Sakura sakura 第46回

「八重の桜」も残すところあと4回、早いものですね。

大事な人達との別れが、多くなってきました。

大学設立のために奔走しながら命を削っている襄にもまた、神の御許に行く日が近づいてきているようです。

今回は、みねが…いわゆる産後の肥立ちが悪くて亡くなります。

今も昔も出産は命がけですね。

うらは存命だったのでしょうか。ひたすら我が子の幸せを祈っていた余生でしたよね。

どうやら、うらのその後はあまり資料が残ってないようなのです。

  20110410sakura4

そして、覚馬のもうひとりの時栄との間の娘、久栄もまた早くに亡くなります。(夭折した長女がいるので、三番目の娘となりますが)

久栄は蘆花の初恋の人として、後年「黒い眼と茶色い目」の中に描かれていますが、明治の小説家って、なんか線の細いイメージがありますね。

豪快でがたいのいい小説家って、なんかいないような…。

次回ははっちゃけマッキー、いや槇村正直が久々登場するみたい。

ばたばたと最終回になだれこむことのないように見守りたいです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 気になる鳥の声 | トップページ | まだ気になる鳥の声 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第46回:

« 気になる鳥の声 | トップページ | まだ気になる鳥の声 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー