« その業界の人は厳しい | トップページ | 読書の秋(2) »

2013年11月10日 (日)

Sakura sakura 第45回

14の時から覚馬のお世話をしていた時栄が、山本家を去る日が来ました。

時栄は覚馬の心に住み続ける「うら」にかなわないと思いながら暮らしていたことを思えば、覚馬は頭がよくても女心には疎かった??

さて、満身創痍系の襄が帰国して、八重の傍らにもどってきました。

今度は必ず一緒に行く!! と決意する八重です。

襄の留守の間に女学校を守るために奮闘した八重ですが、ひとりの方が実力を発揮するような気がする…。

  00260050

次回は徳冨蘆花(健次郎)と覚馬と時栄の娘久栄の話ですね。

世田谷の蘆花の旧宅あたりが芦花公園と呼ばれています。

八重のまわりの人々の逸話ももちろん見どころなんでしょうが、もう少し時代の動きをみたい気もします。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« その業界の人は厳しい | トップページ | 読書の秋(2) »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第45回:

« その業界の人は厳しい | トップページ | 読書の秋(2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー