« とにかく感謝する | トップページ | いよいよいよ »

2013年10月20日 (日)

Sakura sakura 第42回

「すべてがいとおしくて」

八重は襄とともに会津に行きます。

懐かしい生家のあたりは、まるで変わり果てていましたが、角場をみつけた八重が、さまざまな思いに胸をふるわせるシーンがよかったですね。

大切なものはみんなここにあったと。

そして別れた子、みねのことを祈り続けるうらとの再会。   

   R0010237

どんなにあいたかったことか…。

とてもよい方に望まれてみんなに祝ってもらい、幸せに嫁いだみねに、うらも涙します。

今生の別れとなるのでしょうか。

それでもみねは凛として、その場から去っていきます。

襄は会津に教会をつくることを思い、人々が憩える場所にしたいと八重にいいます。

そして京都には、はじめての私立大学をたてる準備をします。

そんなところに山川の妹が帰国して…。

次回は大山巖と八重の腕相撲がみものですね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« とにかく感謝する | トップページ | いよいよいよ »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第42回:

« とにかく感謝する | トップページ | いよいよいよ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー