« 有楽町ランチシリーズのはじまりとなるか… | トップページ | 通勤時間、短くなったり長くなったり »

2013年10月27日 (日)

Sakura sakura 第43回

平成の今でも「明治の封建社会じゃあるまいし」という言葉を使ったりしますよね。

新しい時代になったとはいえ、まだまだ女性が働く、ましてや選挙権なんて、という明治の初期。

政治にとらわれない教育をというのは少数派で、外国帰りの山川の末妹捨松は、奇異な目でみられてしまう始末。

そんな時に宿敵薩摩男子の大山巖に求婚され…。

大山は、自宅も洋式のシックな調度品などを揃えて帰国子女の捨松がくつろげるような空間をつくっていたみたいですね。o(*^▽^*)o

  R0010231

さて、嫁いだ男性が短命なのは偶然か…八重がパワーをすいとってしまうのか…。

川崎殿に続いて、襄もまた病に倒れてしまいます。

襄の病も、現代だったら治るのでしょうか。

早すぎるし、志半ばというところで無念でしょうね。

八重はその後は再婚していませんけれど…。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 有楽町ランチシリーズのはじまりとなるか… | トップページ | 通勤時間、短くなったり長くなったり »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第43回:

« 有楽町ランチシリーズのはじまりとなるか… | トップページ | 通勤時間、短くなったり長くなったり »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー