« 食べすぎ注意のモルランチ | トップページ | 思い出したように…モル備忘録 »

2013年9月 8日 (日)

Sakura sakura 第35回 36回

襄のプロポーズに最初はとまどっていた八重も、彼と一緒になると、自ら決めます。

その結果、女紅場をやめさせられますが、八重はいつだってやどかりのように、環境を大きくしていくのです。

古い場所にしがみつかないので、クビになったことすら「グッドニュース」と襄に報告。

襄に「ただ生き方がハンサムなのです」といわしめます。

 20110410sakura4

しかし、耶蘇教じゃなくとも、自分達の信じる教えと違う教えを排除しようとするなど、仏様も嘆くはず。

あ、そういえばmikiも耶蘇教の学校に行ってたんだった。

久々に母校のサイトを訪れれば、在校生が『若くてかっこいい先生がたくさんいるのが自慢です』などと。

 時が流れたのね(遠い目)



さて、襄達順調なスタートとはいえないまでも、なんとか開校できました。

その襄も太く短く、というか46歳で亡くなっています。

八重みたいにつおーいおなごは男性のパワーを自らのエネルギーにもかえているのでしょうか…。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 食べすぎ注意のモルランチ | トップページ | 思い出したように…モル備忘録 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第35回 36回:

« 食べすぎ注意のモルランチ | トップページ | 思い出したように…モル備忘録 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー