« ほぅ、ビョンホン夫妻もモルディブですか | トップページ | なんだかんだで秋の鼻 »

2013年8月12日 (月)

Sakura sakura 第32回

物語は後半というか、終盤にさしかかりつつありますね。

これから日本が大きく動くし、八重の人生も波乱にみちてきます。

でも、今回よりも…次回ですよね。

実際は、斗南藩に行った尚之助とは二度とあえなかった、という話もありますが、会えた話にしたんですね。

ひとりで訴訟の責任を負い、やつれはてた尚之助との再会。

  200904041431000

八重は裁判のことは知らされずに、というのが一般的なようですが、それじゃあ浮かばれまいって、真実を知って、側においてほしい、というような予告じゃなかったですか?

「私の好きな妻は、夫の前を歩く凛々しい妻です。」

尚之助の優しい声、もう聞けないんでつねぇ。。(ノд・。)

故郷に帰ることもかなわず、ひっそりと死んでいく藩士達も大勢いたんでしょうね。

  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« ほぅ、ビョンホン夫妻もモルディブですか | トップページ | なんだかんだで秋の鼻 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第32回:

« ほぅ、ビョンホン夫妻もモルディブですか | トップページ | なんだかんだで秋の鼻 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー