« 会議弁当を自宅でも | トップページ | 心おどるガイディングとは »

2013年7月14日 (日)

Sakura sakura 第28回

濡れた布団や着物を敵からの砲弾にかぶせて爆発を防ぐ。

なんと無謀な!でもほんとうにやっていたようです。

早く、白旗をあげてくれぃぃぃ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

そんななか、大蔵の妻、登勢も被弾して倒れてしまいます。

大蔵、新政府軍憎いでしょうねっp(`ε´q)

が、末妹の咲は、のちに大山巖(反町氏が演じている)の後妻となるのですから、どんなに複雑な心境だったでしょう…。

  201204061200000

籠城という過酷な状況の中で、八重の父権八は猛反対にも負けず、銃を習って精進した娘をみつめます。

(ノω・、)権八父さん…死亡フラグがたってしまいました。

厳しいけれど、優しいお父さんとの別れが近づいてきたのです。

そして、予告で「しょうのすけさまぁぁぁ」と叫ぶ八重。

頷いて微笑む尚之助様、いったいどこへ…?

敗戦の翌年、容保の子、容大は家名存続が許されたため、青森に斗南藩を立藩し、会津藩士は続々と移っていきました。

尚之助も移住するのですが…。

そして…苦労の末、、ここからは諸説あるようです。

爽やかな尚之助様、もう見られなくなっちゃうのかな。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 会議弁当を自宅でも | トップページ | 心おどるガイディングとは »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第28回:

« 会議弁当を自宅でも | トップページ | 心おどるガイディングとは »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー