« おたけびの夜 | トップページ | おいしく食べて梅雨をのりきるお弁当 »

2013年7月 1日 (月)

Sakura sakura 第26回

新政府軍の背中を押しているのは何でしょうか。

とても速いスピードで城下まで…。

城は死守すると、八重は銃を扱う少年達の指揮をとります。

弟の魂とともに闘う八重でしたが、新式の武器と多勢に押されます。

お城に上がらずに、自刃した藩士の家族達も多かったようです。

西郷頼母の家は、急所がはずれて死にきれなかった娘のシーンがいつもドラマになりますが、このたびは、板垣退助がその現場に…という演出でした。
  

  Aoayama6

土佐藩士というだけで、誰のことかはほんとは不明のよう。

白虎隊のシーンはさらっとしすぎな気もしないでもないけれど…。

あんまり細かくやってられないですものね、飯盛山のとこだけ。



八重の走るシーンがスローになるところがよかったな。

覚馬は死の淵を行ききしながらも、八重の姿がみえていたのかもしれません。

夫の行く末を案じ幼子まで手にかける女子も、薙刀ふるう女子も、銃で相手に向かう女子も国を思う気持ちは同じなんですね。

次回は竹子の壮絶な最期でしょうか。

予告の「お城にあがったら、八重さんに鉄砲をならいましょう」という竹子の声が哀しすぎ!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« おたけびの夜 | トップページ | おいしく食べて梅雨をのりきるお弁当 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第26回:

« おたけびの夜 | トップページ | おいしく食べて梅雨をのりきるお弁当 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー