« リゾートダイバー達人への道<14> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<15> »

2013年7月 7日 (日)

Sakura sakura 第27回

梅雨が明けた関東甲信越…暑かったですねぇ。

せめて冬だったら、戦いのさまは少しは変わっていたのでしょうか。

今回も八重は大活躍、なんと夜襲まで。実のところ、あんなに先頭に立ってはいなかったと思いますが…。

竹子の最期も実際は、額に着弾したとも、母や妹に介錯を頼んだとも諸説ありますが、今も会津の女性の誉れとして語り継がれている大和撫子ですね。

出番は少なかったけれど、この役はいいですよ。


 黒「大河の撮影行ってくるね」

 赤「お、すげ。だれの役?」

 黒「中野竹子」

 赤「つか、だれそれ?」


  201204061342000

どうも、そんな会話が聞こえてきそうな…(u_u。)

神保修理の妻、雪も、壮絶な最期をとげました。

でも旦那様が待っててくれますよ~。

そして、イチオシ頼母。今日もよかったぁ。妻の辞世の句を読むところとか。

そんな中、たったひとつ明るい話が、大蔵の彼岸獅子とともに入城するシーン。

大蔵は、このあとも陸軍少佐となって、西南戦争時、熊本城入城に成功。

この入城上手っ(゚▽゚*) チガウカ…

それより容保と頼母…6歳違い、とは思えない。

親子ほども違うように、、みえちゃう。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« リゾートダイバー達人への道<14> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<15> »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第27回:

« リゾートダイバー達人への道<14> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<15> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー