« リゾートダイバー達人への道<15> | トップページ | 心おどらないポイントとは »

2013年7月 9日 (火)

心おどるポイントとは

梅雨明け十日といえば、一番天気が安定して雨が降らず、晴天続き。

(ここのところ、ゲリラ雷雨もありますがっ)

ちょうど3連休頃までなので、海が混みそうですねぇ。

外は暑くても海につかっていると、まだ冷たい。

水分もこまめにとって下さいね。

モルディブといえば、ほとんどがドリフトダイビングですが、ポイントについても、ドーニがとまってくれないところがありました。

  00030004

ブリーフィングでは、

飛び込んだら水面に戻らないでそのまま潜ること。

バディ同士流れていくこと(みんなで集合は不可能)

浮かないために、インフレーターホースから、BCの空気を今すべて吸い出すこと。

(竜巻みたいな絵を指差しつつ)このダウンカレントにつかまったら、あわてて上に行こうとしてもだめなので、着底して匍匐前進をし、壁にたどりついたら、クライミングすること(えっちらおっちら壁をつかまり上がるしぐさ)

GO GO GO GO とクルーがせきたてます。

いやぁ、心躍るではありませんかっ(*≧m≦*)

その時はバディとふたりずつ腰かけてバックロールでした。

くるんとまわってマスク越しに、流れ行く魚を確認。

いや、おいら達が流されてるのか。

私はいつでもスノーケルをマスクにつけていますが、それがびゅんびゅんしていました。

リゾートではスノーケルをマスクからはずしている人が多いですが、うっかりアンカリングの船より遠くで浮上して、かなり泳がなくちゃいけない時、船をまっている時など『絶対に』つけていた方がいいです。

うしろむきに泳いで行くのはもったいないしね。

スノーケリングの方が早いですし。

疲労度が違います。顔もうしろむきの方が焼けるよ。

流れている水面で、全員があがるのをラインにつかまって待っている時も。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« リゾートダイバー達人への道<15> | トップページ | 心おどらないポイントとは »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心おどるポイントとは:

« リゾートダイバー達人への道<15> | トップページ | 心おどらないポイントとは »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー