« 予約確認書がきたっ!モルへの行程おさらい | トップページ | モルへの行程おさらい…その2 »

2013年6月16日 (日)

Sakura sakura 第24回

戦況は悪化していくばかりで、恭順をとなえる頼母は任を解かれてしまいます。

白河のお城が落されたあと、戦場となった二本松には少年、老人、農民を数に入れても近づいてきた新政府軍の半分にもならないのでした。

傷をおった少年たちは会津に運ばれて、息絶えていきます。

ここで素人が素朴な疑問。

弾一発でももったいないこの時期、八重は練習場でバンバン撃っていますが…弾の威力とか確認しているのかな、、、

  Aoayama5

少年達に銃をむけなかった大山巖という人物は、西郷どんの従兄弟ですが、なんと西郷どんの肖像画のモデルとなっているとか(あの豪快なお顔の)

またマッカーサーが彼をとても尊敬していたとのこと。

で、反町氏だと線が細いかなと思いきや、なんかあってるような。

さて、大山達が、あの頭にかぶっているふさふさしたのは、防寒…ではなく身分をあらわしているものだそうで色は所属を表しています。

加藤雅也さん演じる板垣ら土佐藩は真っ赤でしたね。あれが赤熊(しゃぐま)で、反町氏が黒いのかぶってたでしょ。彼ら薩摩藩は黒熊(こぐま)、そして長州は白熊(はぐま)と。

来週はいよいよ白虎隊まで出陣、子供が巻き込まれる戦争は、いまも昔も悲しいですね。

弟の軍服に身を包んだ八重も、闘う女と化します。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 予約確認書がきたっ!モルへの行程おさらい | トップページ | モルへの行程おさらい…その2 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第24回:

« 予約確認書がきたっ!モルへの行程おさらい | トップページ | モルへの行程おさらい…その2 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー