« miki呑みある記〜新宿三丁目〜 | トップページ | まんなか女子の行方 »

2013年3月 4日 (月)

Sakura sakura 第9回

右筆…文書の代筆、書記のような仕事から秘書のような役割まで。

照姫の右筆選びに八重も候補として名があがり…。

けれども選ばれたのは、時尾。

その頃京では、倒幕を企てる長州を排除すべく、薩摩から密使がおくられてきます。

容保は薩摩と結託することに。 

  R0010218

なんとなく割りくうばかりだった会津藩も、やっと報われた感のある八月十八日の政変です。

壬生浪士組も新撰組となり、池田屋事件⇒禁門の変とどんどんとその名をはせていくのですね。

来週は池田屋事件ですが、けっこう新撰組が暴れるみたいです。

階段落ちも、沖田の喀血(戦線離脱の要因)もあますことなくみせるとか。

歴史が動きだして、息吹を感じる頃ですね。

しかし会津のお殿様、よいですね。( ^ω^ )


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« miki呑みある記〜新宿三丁目〜 | トップページ | まんなか女子の行方 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第9回:

« miki呑みある記〜新宿三丁目〜 | トップページ | まんなか女子の行方 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー