« それが女子 | トップページ | たるたるめんたる »

2013年2月17日 (日)

Sakura sakura 第7回

頼母ら家臣の反対をしりぞけて、会津のお殿様は京の都へ藩士をひきつれていきます。

今では「生き馬の目をぬく東京」などといわれますが、会津ののんびりとした景色、優しい人々に囲まれていた藩士たちは、都での生活になかなかなじめなかったのではないでしょうか。

不逞の輩達により、いっそう治安の悪化した京。

そんななか、孝明天皇は御衣(おんぞ)までさずけて、容保に大プレッシャーがかかります。(||li`ω゚∞)

最初のうち、不逞浪士達のいいぶんのヒアリングからカウンセリング?などしていた容保の作戦はいまひとつ。

ついに倒幕を掲げる浪士達を厳しく取り締まり始めます。(´Д⊂グスン

 00030004

来週からいよいよ新撰組が登場するようですね。

「新撰組!」の時、オダギリジョーさん演じた斎藤一ですが、今回は降谷建志氏が演じるんですと。

斎藤一といえば、なんかオダショー!!ってイメージでしたが、今回オダギリさんてば八重の再婚相手として登場…うーん。

そうそう、その斎藤一の再婚相手が高木時尾。

八重の幼馴染というか親友で、貫地谷しほりさんが演じています。

大河はたくさんの人がどどっと登場。

思い入れのある人が、ほとんど出ないなんてこともしばしばですね。

斎藤一、けっこう好きな人多いのでは?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« それが女子 | トップページ | たるたるめんたる »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sakura sakura 第7回:

« それが女子 | トップページ | たるたるめんたる »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー