« これからもよろしくお願いしますの3周年 | トップページ | KIYOMORIMORI 第49回 »

2012年12月15日 (土)

魂の行く末

来月からの大河ドラマ『八重の桜

和製ジャンヌ・ダルクといわれた女性の生涯が描かれます。

夫にハンサムといわれたかっこいい人です。

女だてらに鉄砲を持って戦います。

会津の魂「ならぬことはならぬこと」を全うしつつ、新しいものを取り入れる。時代が彼女になかなかおいつけない。

彼女のような人が幕末を生きていたなんてステキですね。

 Rimg0197

会津といえば、白虎隊。

1月2日には、タイトルずばり「白虎隊」が、テレビ東京で放映されますので、これもチェックしたいところ。

会津という国も、いろんなお殿様のさまざまな時代がありましたが、どうやら地震は昔から多かったみたいですね。

勝てば官軍といわれて逆賊扱いとなってしまったり、大敗した方の側面から歴史をみつめる…。

というよりも福島に光をあてて、元気になってもらいたい、ということなのかな。

会津魂は今もきっと生きていると思うから。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« これからもよろしくお願いしますの3周年 | トップページ | KIYOMORIMORI 第49回 »

2013大河ドラマ『八重の桜』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂の行く末:

« これからもよろしくお願いしますの3周年 | トップページ | KIYOMORIMORI 第49回 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー