« はじめた頃のよう | トップページ | しばわんクラブだより~しばわんのCMって~ »

2012年12月 3日 (月)

KIYOMORIMORI 第46.47回

打倒平家の名のもとに集まる武士たち。

平家の栄えた世も、その終わりがみえてきましたね。

どこか清盛も察知しているかのような…。

残すところあと3回ですか?

  早いですねぇ ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 1年とは…。

  R0010309

富士川の戦いで惨敗しましたよ。もうダメら。。

描き方としては、友達義友、父義友の悲願として武士の世をつくる、ということで清盛と頼朝の思いは同じだったのにね(ノд・。)みたいな…。

忠清に痛いところをつかれ、剣を振り回したら、逆に振り回されてころんでしまった清盛。

このへんがうまいですね。

心の軸がぶれてしまった清盛なのでした。。

そしてどんどん終焉の壇ノ浦に近づく平家。

また、頼朝は義経との対面を果たしますが、この兄弟も初対面では嬉しそう…だったのに。

頼朝は後にこの弟を亡き者にしようとするほど憎みますよね。

出る杭をものすごく打っている頼朝。戦術に長けた弟に対するいろんな思いがあったのかも。

義友にはどちらの方が似ていたんでしょうね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« はじめた頃のよう | トップページ | しばわんクラブだより~しばわんのCMって~ »

大河2012『平清盛』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KIYOMORIMORI 第46.47回:

« はじめた頃のよう | トップページ | しばわんクラブだより~しばわんのCMって~ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー