« 面白看板シリーズのうち… | トップページ | ガラケーでいいの<2> »

2012年7月21日 (土)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第17夜~

ぐっと涼しかった金曜日でしたね。

子供たちはこれから長い夏休みです。いいなぁ。

新月もすぎて、季節はしし座のシーズンにはいってきました。

夏といえばの、百物語。去年の夏は7月から9月まで「58話」までつなぎました。

ひょっとしたら、去年とかぶったりして。皆さんも忘れているでしょうから、いいやね。

  00030016

そんな59話は、今のように病院が完全看護となる前、家族が泊まり込みにて、入院患者をお世話する時代の話です。

祖父が入院していた時に、祖母や伯母は祖母の家で夕方仮眠をとってから、病院にでかけていたようです。

世帯主が入院して、広く感じる家の居間にそっと横になる祖母。

ふと、誰かの気配がして起きようとするのですが、からだが金縛り状態で動かない。

気配はお風呂の方。湯殿を使う音がする。

あぁ、祖父が帰ってきてるんだな…と気づいたのだとか。

お風呂が大好きだった祖父。不自由な入院生活。二度と退院はできないことを知っていて。

伯母達もそうですが、他の親戚の者もみな聞きました。

亡くなった人ばかりではありません。思いが強いと、生きている人の心が思う場所に到達します。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 面白看板シリーズのうち… | トップページ | ガラケーでいいの<2> »

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第17夜~:

« 面白看板シリーズのうち… | トップページ | ガラケーでいいの<2> »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー