« ティオマン2012 旅をふりかえる…3 バジェットから出発 | トップページ | ティオマン2012 旅をふりかえる…5 ボートダイビング初日 »

2012年5月 9日 (水)

ティオマン2012 旅をふりかえる…4 肩慣らしはゴーストタウンで

以前は飛行機の中でマレーシアへの入国カードをもらったものですが、くれないところを見ると着いたら書くのね。

ターンテーブルもなく、適当に荷物をうけとって列に並ぶ。

ナショナルパークなので、飛行場の出口で一人5リンギはらいます。
(この日、1リンギット27.7円でした。)

飛行場はテケッという村にあり、ABCはそこからスピードボートで5分の隣村になります。

がたがたの木の橋もコンクリになり、さらに近年は橋の下にボートが直接迎えにきてくれるので、滝汗で歩く距離が短くなりました。

ABCに近づくと、水面で手をふる人が。

BENさんです。今日はテクニカルダイビングを教えているので、空港へは迎えにこれない旨聞いていましたが、変なところであいました。

 Abc

ついて荷物の整理をしたら(ショップにメッシュごと器材を預けて部屋に行こう)肩慣らしのビーチダイビングに行きます。

あわただしくボートダイビングに出発した日々もあったけれど、ボートは明日から。

長旅であればあるほど、ボートダイビングの前に、浅目の海で肩慣らしをするのがおすすめです。

ブランクがあれば、器材の調子もみたいですし。

まあ状況が許さない時もありますよね。宿が山の中だったり。

宿にプールがあれば、軽く泳いだりするのもいいかなと思います。

海から戻ったベンさんに『ゴーストタウンにいったことある?』と聞かれました。

ホワイトボードに、こんな風な図を書いてくれました。

  Photo

まっすぐ行くとサンゴ礁があり、リーフ沿いに行き、リーフが切れたら真東に泳ぎます。

21m位に、大きなブロックを組んだ漁礁?が、いくつかあり、いかにもゴーストタウンのようだとポイント名がついたようなのです。

帰りはコンパスを270°にして戻れば簡単とのこと。

だいたいこれに似た感じの説明を受けて、ビーチでバディダイビングをすることになりますが、場所によっては目的のもの(沈船とか)にたどりつけないことも多々あります。

やみくもに探さず、戻ったっていいんです。

肩慣らしですからね。

サンゴのところまで透明度がよかったのですが、18mをすぎると白砂がもうもうとして俄然透明度が落ちてきました。

コンパスは、東に、つまり90°にあわせて21mまで下がります。

このへんだよね…ATSUKANOと顔を見合せます。

するとドーンと大きなブロックが現れました。

なるほどひとつひとつが廃墟のようです。まわりもどんより曇って。

結局だらだらサンゴの群生まで戻り、そこでコンパスをあわせてショップ前まで戻りました。

明日は晴れるかな(o^-^o)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« ティオマン2012 旅をふりかえる…3 バジェットから出発 | トップページ | ティオマン2012 旅をふりかえる…5 ボートダイビング初日 »

シンガポール・ティオマン旅行」カテゴリの記事

コメント

はい、確かに顔を見合わせた瞬間に『ドーン』と現れたよね
かなり夥しい数のピラミッドが…
いいネーミングだと思う。ゴーストタウン
あと一時間早ければ少し透明度よかっかな?

あのうっそうとした感じがまたゴーストタウン、
なのかなぁ。クリアな海の寂寥感も逆にゴースト
タウンぽいかもねぇ。1年後に再調査だっ☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ティオマン2012 旅をふりかえる…3 バジェットから出発 | トップページ | ティオマン2012 旅をふりかえる…5 ボートダイビング初日 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー