« 面白看板ではないけれど…摩訶不思議なものを探して | トップページ | miki食べある記~千駄木~道灌山下 »

2012年5月31日 (木)

ティオマン2012 旅をふりかえる…10

以前もお知らせしましたが、ティオマン、特にB&Jのスタイルとしては、前の日に次の日のダイビングエントリーをします。

スタッフがいる時に申し出ますと、ホワイトボードに名前を書いてくれます。

ダイビングから帰ったら、すぐ次の日のエントリーをしないと満員になっていることもあります。

また、時期によっては講習生の方が多くて、ということもあります。

ベテランの方は、最初にこんなポイントが好き、とリクエストしておくとボートをわける時に考慮してくれるはずです。

 R0010211

ボートダイビング、いったん出発しますと2本潜り終えるまで帰ってこないので、忘れ物のないようにしたいものです。

日焼け止め、お水なども。ジュースは積んでますが、真水は顔をさっと洗うのにも重宝します。(カメラ用の真水で顔を洗ってる輩もいますが)

ダイビングとダイビングの間は、アクアリウムのようなところにアンカーうってランチしますので、お昼休み(水面休息時)はぜひ、スノーケリングをしましょう。

白人さんがあまりに浮くので、自分は何もしないとどこまで浮くのか、いや沈むのか…足をしたにして、試してみると、おでこまで沈みました(水着の状態)

皆あまりに浮くので、すごくへたくそでも泳げているのです。

息継ぎ不要、、みたいな。

ありゃ反則だろ~┐( ̄ヘ ̄)┌

ビーサンはいたままですよ。疲れても、巻き足とかしないで、こしかけるような姿勢で顔が出ているまま休んでいるのです。驚き(ノ∀`)

サバイバルフロートすると、私なんぞは目は水がかぶり、鼻と口がかろうじてでる程度です。

白人さん、ほとんど水面にのっかってるように見えます。

浮力強いから、ウエイトがいっぱいいるんだね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 面白看板ではないけれど…摩訶不思議なものを探して | トップページ | miki食べある記~千駄木~道灌山下 »

シンガポール・ティオマン旅行」カテゴリの記事

コメント

あの人達、水面でランチも食べられるよ、絶対絶対絶対
ウェィト4kg(以上?)両手にぶら下げて足かきだけで涼しげに泳いでたVictoria嬢もすごかったわね
しかも彼女は空港の桟橋から荷物と共にボートに乗り込み、そのまんま荷物から水着出してシャシャーって着替えてダイビング

実際、塩分濃度高めの紅海で、コーヒー飲んでた人
いたじゃない?
私コーヒーカップの重みだけで沈むかも。
だって、スノーケリングの時にマンタが!とか
いるかが!といわれて、ハウジング(4キロ)持って
飛び込んで、溺れるかと思ったことも!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティオマン2012 旅をふりかえる…10:

« 面白看板ではないけれど…摩訶不思議なものを探して | トップページ | miki食べある記~千駄木~道灌山下 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー