« 丸の内ランチシリーズ 第二弾 | トップページ | 使えないやつ<2> »

2011年12月 6日 (火)

MEEYAN は何処へ

「ダイビング中に味わえる新しいキャンディー」として、一世を風靡??したかしないかは不明だが、諸先輩方はご存じであろうか。

その名も MEEYAN  ミーヤン

 Meeyan

湿度0の空気を吸い続けると、のどがカラカラになるダイバーを慮っての飴ということで、IOPで配られていたのを憶えている諸兄が今もどのくらいダイビングをしていることか。

上あごにはりつけて潜るといううすっぺらい飴なのですが…。

って、どうしておまえが持ってるん??

はい、どっかからでてきたのであります。

きっと、いや絶対に期限が切れていると思います。

どんなに検索してもでてきません。

 Meeyan2

このキャンディー、老舗の榮太桜総本舗が販売していた??

私の記憶では三×物産あたりが海外から輸入した飴というイメージがありました。まさか榮太桜さんがしきっていたとは…。

で、今では幻のキャンディーとなったわけです。

だって、エントリーぎりぎりでくっつけてもすぐとけるんだもん。

いかに溶かさずに水中にいくかって感じでしたもん。

味は…いくつかあったんでしたっけ??

懐かしいものシリーズ…はじめよっかな。。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

                     

« 丸の内ランチシリーズ 第二弾 | トップページ | 使えないやつ<2> »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

mikiさん
1991年のアメリカのロスアンゼルスタイムスの
記事に紹介がされてました!爆!
アメリアでも話題になってたんですね!
10年前は、、mikiさんは、、うん歳?
『ミスタードリンクトーマッチ』??
『ミーヤンキャンディ』で検索しました。
もちろん英語です。アメリカのググル!ぷぷぷ。。
「Solar-Powered Flashlight? Japanese-Made Items Are on Cutting Edge of Wackiness
June 23, 1991|DAN BIERS | ASSOCIATED PRESSTOKYO — Sure, you know about the Walkman stereo headsets and the Honda Civics, those archetypal Japanese products that have conquered many a foreign market.

But what about the "Mr. Drink-Too-Much" portable breath analyzer for woozy bar patrons, the anti-dry mouth candy for Scuba divers, and the award-winning solar-powered flashlight?」

http://articles.latimes.com/1991-06-23/local/me-1878_1_solar-powered-flashlight
mikiさん!
詳しいことはこの記事に書かれてます。
追加記事です。。。ぷぷぷ。。

え~~っすごいっ!!!!
何がすごいってLAタイムスではなくて、ちゃこ。さん
がごいわっ

なんか反応鈍いのです。みんな、忘れたのかしら。
古すぎなのかしら…。話題が。。

栄太桜総本舗のダイビングキャンディーMEEYANを検索して発見。これまで検索しても何もひっかからなかったので嬉しいです。私はイチゴ味とライムメントール味を持っています。イチゴ味はおいしいですが、ライムメントールは洗剤か湿布か薬のようです。マリンメントールはどんな味なんでしょう?

やったぁ
はるばるお越し頂きありがとうございますっ!

そうそうイチゴありましたねぇ。
っとマリンメントールの味…ですか??
んんん、ちと忘却の彼方であります。やっぱり湿布系
なんでしょうかね。
またちょいちょいいらして下さいね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MEEYAN は何処へ:

« 丸の内ランチシリーズ 第二弾 | トップページ | 使えないやつ<2> »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー