« ピザバスに乗って | トップページ | 楽しいロギング »

2011年11月28日 (月)

GO その最終夜

好きな時代の話なので、見続けてしまうどころか、記事も後半はほぼ毎週書いたりして…そんな「江」もついに最終回なのでした。

やはり回想シーンや秀忠と江の思い出話が多く、ものたりなかった感じがします。

江と福、すごくうちとけてるし。。。

ここのところ、国松関連の検索での御来訪が多いので、前回、前々回あたりとかぶりますが…(女子から見たら、やっぱりかわいそうというのは否めない。かな?)最後はかわいそうな国松で。。。

家光とともに元服した忠長は、その後10年もたたない1631年に甲府への蟄居を命ぜられます。

神獣とされる猿を1000匹以上狩ったこと、その帰りに家臣を傷つけたことなどのほか、鷹狩に出た時の小姓の不手際にいらだち、手打ちにしたこと、また家光暗殺の謀反を企てたこと、などなどからついに安藤重長に預けられて高崎へ。

そこで自害するのですが、切腹ではなくのどをついて、といわれています。

あまりに寂しい孤独な晩年(というには若いけれど)です。

江など、味方はすでに没し、家光にとっては目の上のたんこぶ的存在。若造ひとりつぶすことなど、みんなでよってたかればなんでもなかったことでしょう。

野猿は増えすぎて作物を荒らしすぎ、農民が困っていたことや、謀反の件ははめられた、自害は家光の命令、などいろいろいわれています。

天下一の女人といわれた江でしたが、こんな息子の最期など想像もしてなかったのでは??

こんな不幸な息子産んじゃった時点で「おなごの人生は日々戦という人もいますが、私はしあわせでしたぁ」などと馬で駆け抜けていくのは…どうなのGO。





 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ人気ブログランキングへ

« ピザバスに乗って | トップページ | 楽しいロギング »

大河ドラマ『江』」カテゴリの記事

コメント

終わっちゃいましたね~。
私はGOが元夫と会っている演出にビックリしたわ
最後までぶっ飛んでるなあ…
あと幸松(保科 正之)の話。
随分前の浮気うんぬん騒ぎで出来た子が
てっきり幸松だと思っていたので
その子は2歳で死んでて、
新たな浮気で出来た子だったとは^^;
んで、(日蔭者として育った)幸松のような子供を作らない為に
家族揃って暮らせるように大奥を作るというような事を言ってたけど、
それなら最初の浮気相手の子供も城の外に出さなきゃよかったのにと
最後の最後まで、つい突っ込みを入れたくなっちゃったですよ。

ともかく、どこでもGOが終了して
来週は「坂の上の雲」なのですよ
テレビの前で正座して観ますです

主要人物が、ほぼ没してしまい、佐治さんしか元気
でなかったとはいえ、絶対あってないっ(笑)

保科正之も、会津藩たるは将軍家を守護すべき存在であり…などといったのがのちのち会津藩にものすごい
影響を与えまくってしまい…。。

あぁ、毎週のヨライダさんのつっこみがきけなくなる
のが番組終るのより一番寂しい…。
KIYOMORIMORIでもよろしくお願いしますぅぅ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GO その最終夜:

« ピザバスに乗って | トップページ | 楽しいロギング »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー