« リゾートダイバー達人への道<2> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<4> »

2011年8月26日 (金)

リゾートダイバー達人への道<3>

水圧の弱い南の島でいつまでもシャワーをあびるのは、節水の観点からいってもできたらさけたいもの。

しかしながら、髪の毛についた塩、次のダイビングで塩塩になるのはわかっているけれど、放置しているのは地肌にとっても髪にとってもよくない。

かといって、根元の塩まで落とすのはシャワーだけでは困難である。

リゾートにプールがあれば…。ダイビング終了後にひとっぷろ感覚でとびこもう。
(プール脇のシャワーでかるく流してからね)

そしてサバイバルフロート。日本人は普通にあおむけになったら、生え際から全部プールにつかるはずである。

ダイバーのみなさんなら得意なはず。

顔だけ焼けてしまうので、ほどよいところで水着や体の塩もぬけるよう、全身をつかってゆっくり泳ごう。プールサイドで軽くストレッチしたなら、おいしいビールが待っている。

  00110045


塩水を真水にかえる装置がついているリゾートもふえていますが、塩水プールもあるので確かめてからね。

あと、こんな人みたことがあります。

ダイビングボート下船後、メッシュを持ってプールサイドぎりぎりを歩き、あ~~っという声とともに『いかんいかん、プールに落ちちゃった』

自分も器材も真水につける作戦です。こ、これはちょっとね

以前は、夕方ついた便でもご飯食べたあとに、夜プールで泳いだりしてましたね。移動の疲れがとれるんです。ゆっくりねむれるし

プールがないリゾートに、夜遅くついたとしてもストレッチはして寝た方がいいみたいです。

明日は早いからとか、すぐ寝なくちゃとやっきになるより、縮こまっていた手足を伸ばしたり、ゆったりと筋肉をほぐしたりしてから寝たほうがいいみたい。

水コテなら、テラスで星をみながらマットの上で体をほぐすのも




人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« リゾートダイバー達人への道<2> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<4> »

リゾダイ達人への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リゾートダイバー達人への道<3>:

« リゾートダイバー達人への道<2> | トップページ | リゾートダイバー達人への道<4> »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー