« 西新宿ランチシリーズ 第19回 | トップページ | リゾートダイバー達人への道<3> »

2011年8月25日 (木)

リゾートダイバー達人への道<2>

そうはいっても、こんな人もいる。

とあるリゾートにいった時の事、体験ダイバーの方なのに、器材の持ち運びもさまになっていて、レンタル器材の置き場所にも精通という方が、、むむ、そんなあなたは…。

『いやぁ、ここでの体験は4回めなんですよ』

え…ここでは??

どうやら、Cカードとるのは面倒、何も考えずイントラにおんぶにだっこ「体験ダイビングが一番よい」とのことで、各リゾートで体験ダイビングを楽しんでいらっしゃる剛の者発見。

あの、、いったい何回くらい??

へたしたら、そのへんのペーパーダイバーより潜ってるのでは

体験ダイビング30回したら、Cカード1/2枚進呈…。なんて。

これもひとつの考え方かも。体験ダイビングの達人

もちろん、Cカードをとればもっと深くにいけます、とかありますが、場所によってはけっこう深めにつれていくところもあるし。

自分の器材のあとしまつが面倒。帰国前日のパッキングなんとかしてくれ、早くしないとハッピーアワーにまにあわん、という心配もない。

しかも「ここのアケボノハゼ、わりと浅目だからラッキー」なんて…デジカメまでもってる。

とんだ体験ダイバー、あっぱれである。

次の日はナイトフィッシング、その次の日はパラセイリング(もちろんお試し)ちょっとしたいいとこどりなのです。まさにリゾーター

表面だけかじってもね、というなかれ。

「そんな深場、興味ないんで」といわれるだけである。   

   Photo_2

意外かもしれませんが、南の島での日本酒はいけます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 西新宿ランチシリーズ 第19回 | トップページ | リゾートダイバー達人への道<3> »

リゾダイ達人への道」カテゴリの記事

コメント

ダイバー免許の事はよく判らないけど、その気持ちはわかる気がする…

昔、お花を習いに行った時に生け方が覚えたいだけで免状には興味ナッシングで…
でも先生はそれじゃあ困るのよね。
あの世界はある程度以上になると生徒がどれだけいて、免状を取らせたかによって自分の階級も決まってくるから…
本部にガッツリお金が流れるように出来てるんだから~
おっと、横にそれた!

パラグライダーの体験をやったことがあるんだけど
パラグライダーは凄く面白くて何度もやりたいとおもったけれど、
使ったパラシュートを干したりたたんだりが面倒臭そうと思ったもの。
本当に好きな人は、そういうのも乗り越えていくのかもだけども…

日舞やお茶、おけいこごとはそうですよね。
確かにダイビングも、業界の上の方の方は生徒数数千人。とか。

私もうちに帰ってきて、さらに後片付け…塩抜きしたり、マスク分解掃除したり…母に1万円でお願い、といったら「安すぎ」といわれた。最近はかなり手抜きです。

すごい!!
そんなつわものがいるんですね~
たしかにリゾートを潜るなら、その方が楽かも。
浅瀬でも十分楽しめるし
機材面倒だし・・・

私もサイパンに行ったあとぜんぜん機材使ってないから心配…。
見てもいないし。。。
結婚する前は、帰ってから丁寧に洗って塩抜きして、痛まないように気を使ってしまってたけど・・・
今は二人分なんで、だんだんテキトー
まだ・・・
使えるかな
どっちしてもオーバーホールだけどね

ええっご主人の分も後片付けするの
自分の一人分も…なのに。。
えらい。。OHの金額も2人分だとばかにならないよね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リゾートダイバー達人への道<2>:

« 西新宿ランチシリーズ 第19回 | トップページ | リゾートダイバー達人への道<3> »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー