« リゾートダイバー達人への道<1> | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第15夜~ »

2011年8月19日 (金)

西新宿ランチシリーズ 第18回

はたして…ここは西新宿でしょうか。住所は西新宿です。

スバルビルのB1(動く通路側から入ると1階上がる感じです。)

ロシア料理のスンガリーさんです。

満席にて、外で待っていると出てきた人3人。こちらも3人。

片づけ終るまで、中にいれてくれません。暑い中わりと待ちます。

今、お席ご用意します。でもなく。。いろんな人がいっていたように、対応に多少難あり。

クールビューティな感じがロシアンなのか(わけわからん)

13時に終ってかけつけてたのでは、ランチの大半が終わっており。

BがひとつとあとはAになります。はい…。

ロールキャベツがおいしいみたいなのだが、ありつけず。完売

私はAランチです。ボルシチ、きのこのクリーム煮の壺やき??固いパイのふたがしてある。

Bは壺やきのかわりにビーフストロガノフ。

ライ麦パン、サラダがついて900円。お値段良心的。
 

 201108181322000

1人「うちのボルシチは、じゃがいも入れるんだけど亜流かな」

他の2人「え、ここのにも入ってるよ。ほら」

 201108181332000

となりの席ではおじいさんが、大きな声にて携帯でおしゃべり。

クールビューティ、ちらみで終わり。

ある程度おいしかったら、接客態度は二の次なのかにゃ

私だけが感じるの??

帰宅して口コミサイトみると、、、あらら。

お店の人はチェックしてないのか。

もったいない。

たぶん、そこらのOLの再訪など望んでいないのだろう。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« リゾートダイバー達人への道<1> | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第15夜~ »

西新宿ランチシリーズ」カテゴリの記事

コメント

メニューにすんごく疑問に感じたYO!

A:ボルシチ、きのこのクリーム煮の壺やき
B:壺やきのかわりにビーフストロガノフ…ということはボルシチとビーフストロガノフ…だよね

ボルシチ=煮込みスープ

だから似たようなモノがセットなんだね〜
スープとシチュー…みたいな

なんだか、メニューに屁理屈ツッコミしたくなった


イタリアントマトのメニューに
ボルシチが有りました!(昔六本木1号店です)
オーナー様がパスタ以外にも工夫して!と。
珍しかったビートの缶詰(テーブルビート)を使ってた。汁は赤紫で見た目は赤カブです。でも、蕪じゃないですよ。此れを使わないとボルシチじゃあないからとオーナー様が用意してくれた。
今はでかい会社です。ケーキも美味しかったです。
でかくて!
直訳で「紅汁」のボルシチは美味いですね。
浅草にも美味しいお店がありますね!

あっ!mikiさん!
ジャガイモは入れるよ!
亜流ではないよ!
ウクライナのボルシチは入れるんだよ~!
ジャガイモで酒を作るんだもの~!てか、
ジャガイモなら沢山ある土地柄です。
ジャガイモ命!

食べたいよー

ボルシチおいしそう
暑いときに熱い物を食べるのっていいんだよね
口コミって大事だよねー
ほんとにもったいない!
お仕事忙しそうですね。
がんばって夏を乗り切ろうね~
ダイビングは夏がいいのかな?
季節は関係ないかな??

そうなの。汁ものと汁もの(和風でいうと、トン汁とはまぐりのお吸い物みたいな?違うか?)

写真メニューが、店前にあるんだけど、あれって思ったの。

しまった。私は蕪だと思ってました。赤カブ…。
ここは、ソ連時代からあるとのことで、ちゃちゃこ。さんおっしゃるウクライナのお料理もあるのだとか。

素人にはわかりませんが、うちの父さん、大学時代に露文専攻で、昔からロシアとか行ってるので、うちのには「いも」が入ってたんです。
でも、ほとんど何も入ってなかったので(時間的に鍋の底だったのか)溶け込んだスープか本格派で、ごろごろ野菜の入ったポトフみたいなのはうちだけなのかと思った。。

そうですね。ついつい冷たいものを食べてしまいかちですが、あったかいスープは体に優しい感じがしましたよ。キャベツがとろとろになってておいしかったですよ。

確かに、おっしゃるとおり、南の島でもダイビングにいい季節、そうでない季節があり、モンスーンの時期はリゾートをクローズしてしまうところもあります。夏のイメージがありますが、伊豆は、晩秋頃からトップシーズン(いつでも最高ですが)ですし。


カブじゃないよ~!
ソラスズメダイにババロア食べさせてマンボウにしたような感じです。
茎を太らせて食べれるようにしたんです。
以外に甘い植物です。NYではサラダにもっ!
18世紀に飢餓で苦しむヨーロッパの人々を
救ったのはジャガイモです。
ドイツも、イタリアもフランスも塊で鍋で作ります。御馳走だよ!
絶対に美味しですそれっ
お砂糖の原料のビートをビーツで誤認したのかな?
調べないとわかりません。誤記、、?
ボルシチはウクライナ料理です。
より

食べたらカブに感じたので。。
いやぁスビョークラでつな…。。って!!
確かに、ウクライナの言葉なんですってね。ボルシチって。千切りになってましたよ、スビョークラ(連発して使う)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西新宿ランチシリーズ 第18回:

« リゾートダイバー達人への道<1> | トップページ | mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第15夜~ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー