« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第8夜~ | トップページ | ち ち »

2011年7月15日 (金)

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第9夜~

幻でないことは、私が一番よくわかっている。。。

 Rimg0011

33話の続きです。。

次の晩、私は夜中? 明け方? 3時すぎに目がさめました。

いるに決まっている。夢じゃない、立ち上がる。電気はつけない。

ドアをあける。そっとあける。はたして…

      イタ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

いつからいたのか、、昨日とは違う時間なのにっ

相変わらず、30m先の潮の引いた海の上にいてじっと見ている。

私は決意した。ここは外国だ。話せばわかるかも…(なんで)

「は、はろう

            し~~~ん

「What are you doing?」

すると、その大きな真っ黒のかげはすっと左をむいたのです。

「や、やんのか

それは、そのままジャングルの方へ移動していきました。

なんと大股で歩いていくように見えました。

昔テレビで見た古い映画、Tall Man だったかな。あんな感じ。

ま、まちやがれ、などと追うのはやめて…。

結局その2日だけでしたが、当然スタッフは信じてくれず。

あまりの発音の悪さに、しっぽをまいて怨敵退散となったのか。

今もよくわからないのです。

シャドーピープルとかシャドウマンとかいうUMAなのでしょうか。



7夜のコメントにつなげてくださったちゃこ。様は、一連の話のようでありながら、違う方の話なので、34話、tetujin様のダイバーならば、の話はノンダイバーさんにはこわいと違う?の35話ということで、少しは涼しくなったかな。

けっこう、肝心なのはおさえこんでるなぁ。みんな。

これから隠し玉を出してくるんじゃないの??

はい、恒例の

 

 Rimg0163

期待「大」







人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第8夜~ | トップページ | ち ち »

mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~」カテゴリの記事

コメント

モルジブで夜光虫を見ようとナイトダイブをしたとき、クラブメッドのそれはボートダイビングだった。
ボートの向かい側に座っているリピーター組みが、次々にジャイアントストライドで夜の海へエントリーしていく。モルジブは基本的にドリフトダイブなのだが、ナイトダイブは、潮の流れのないインリーフで、水深もせいぜい10mぐらいで行う。だから、エントリーしてから水面集合。
ぼくは、このナイトダイブで、昼のダイビングの時、耳抜きに苦労したという女の子とバディを組まされていた。

さあ、ぼくの番だ。もう一度、マスクをつけなおす。ガイドに促され、レギュをしっかり咥え、思いっきり片足を海に突き出し、真正面をみつめ、エントリー。
水中で、体勢を整えていたら、バディの女の子が上から降ってきた。頭上に入水の衝撃を感じて、とっさにマスクをかばう。
ぼくを激しくかすめて、彼女は入水した。彼女は無事だったのだが、気が付くと、ぼくのレギュはすっぽ抜けてマウスピースの部分だけが口に残っていた。

「どうした?」
あとからエントリーしてきたガイドが、水面でぼくにたずねる。
「レギュが抜けました」
「・・・」
普通なら、そこでダイビングは終了だ。だが、ぼくはオクトパスでダイビングすることを選んだ。
ガイドも承知。

BCの空気を抜いて潜降開始。バディとアイコンタクトしながら、静かに潜っていく。
水深5mぐらいで、バディが耳を指し手をヒラヒラさせて、停止。耳が抜けないようだ。

彼女と手を取り合って、少しだけ浮上。耳抜きをさせようとしたとき、うしろから何者かに肩を叩かれた。目の前の彼女の目が恐怖で大きく見開かれていた。
何事?振り返るとガイドがエア切れのサイン。とりあえずだ。ぼくは自分が咥えていたオクトパスを渡す。
とガイドの彼が、なにやら自分の背中のタンクを指さしている。彼の後ろに回って、バルブを確かめると、それは全閉になっていた。

バルブを急いで開いてあげたら、ガイドはOKのサイン。
・・・エントリーしてから、かれこれ3分。水深5m。彼はその間、呼吸ができないでいたのだ。。
後から聞くと、水面でバルブが閉まっていることに気が付いたが、みんなが先に潜ってしまったので、はぐれたらと大変と、潜降に手間取っていたぼくらのライトをめがけてとそのまま潜ってきたらしい。

・・・真っ暗な闇の海中から、苦しそうなガイドが顔を見せたショックで、苦労していた彼女の耳はうまく抜けたようだ。でも、今度は、彼女の腰が抜けていた。

潜っててポンポンって軽く叩かれて、振り向くと誰もいないってことがよくあるけど、でもこの時は、振り向いた先に人がいたから安心した。。


・・・っつて、長いだけじゃん。じぇんじぇん恐くねえなあ。。

期待されるとダメっす。

でも

>あまりの発音の悪さに、しっぽをまいて怨敵退散となったのか。
思わず笑っちゃいますた!

新手のドッキリ?
スーツを着て、マスクを逆にかぶってる。
彼は失望してビールを飲み。
友達は喝采でビールと掛金を手にした、、。
mikiさんは、勇敢さに磨きかけ、
女性らしさを「誘い文句」で表現した。
それから男性に誘われませんでしたか?
mikiさんはモテそうです。
頑張り屋さんはモテル!
ビーチでの寝泊り、冷房に御注意!!

モルも、けっこうありますよね。
わたしもあります。最初は姿が見えず、ぴたっと
ついてくる感じ。そのうち、白いウェットを来た
姿を現しました。でも、、いいやね。
息しなくていいから、エア切れないんだから。

わたしもいたずら??と思ったのですが、夜なかに
わたしが、この時間にドアを開ける、と知ること
は、、わたしですら不可能で。

エアコンとかついてない、バンガローといえば
聞えはいい、ただのほったて小屋ですばい。

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

日本でも夜中の独り歩きはどうかと思うのに
海外でなんて、絶対やめなはれ!!

「大」に感動
今度、このコと出会ったら、
石を置いて「太」とか「犬」にもチャレンジして~

そうなんです。もともと無人島で小さい島だし、
安全安全、なんて思ってたら、某国と某国が領土権
争いをしている島だったようで、私が行かなくなって
しばらくしたら、某有名テロリスト団体系が、上陸
し、スタッフやお客さんを拉致していったようです。
くわばらくわばら幽霊よりこわいわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第9夜~:

» ブログエアコン(9) [tetujin's blog]
モルジブで夜光虫を見ようとナイトダイブをしたとき、クラブメッドのそれはボートダイビングだった。ボートの向かい側に座っているリピーター組みが、次々にジャイアントストライドで夜の海へエントリーしていく。モルジブは基本的にドリフトダイブなのだが、ナ...... [続きを読む]

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第8夜~ | トップページ | ち ち »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー