« お気に入りの場所で空想モード | トップページ | 収穫ななめ目線 »

2011年6月20日 (月)

GO その16

19日の「江」23回は…

茶聖と呼ばれた利休と秀吉の対立が描かれていました。

でも、利休の何が秀吉の逆鱗に触れたのかは諸説あるみたいです。

なんか、辞世の句も難解で

最後まで、ばかにしていた部分もあるんでしょうね。秀吉を。

  00260050

それと、あんまりたくさん登場させたらわけわかんなくなる、すっきりさせるために、思い切りはしょられるエピソードや人物達が必ずいますよね。。大河って。

で、私が望んでて出なかったのが蜂須賀小六兄さん。

いつもはお笑い担当っぽい扱われ方で、戦場(いくさばと読もう)で長い槍をぶんぶんふりまわしているイメージがあります。ごはんをたくさん食べて豪快で。

でも、実は知的な参謀だったみたいですね。

まあ、秀吉が主人公じゃないのでしかたないかな。

江が主人公なのだとついつい忘れてしまいそう。秀吉が濃くて。

物語も半分が過ぎ、いよいよ秀吉がわけわかんなくなっていく。

ザ・ナリアガリ

秀吉の老衰が50代ではじまってたなんて、昔は誰も生活習慣に対してアドバイスをしなかったのかな。あんまり美食だと、今も昔もよくないのね。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« お気に入りの場所で空想モード | トップページ | 収穫ななめ目線 »

大河ドラマ『江』」カテゴリの記事

コメント

秀吉が生きていた現実に驚きます。濃すぎるー!
江の彼は韓国で病気?はこの後でしょか、、。
で、秀忠ですか。ふー。
で、11時からは「イ・サン」でのたうちまわりながら見ましたぁ!あいだの2時間で秀吉を記憶から飛ばすの大変!ビールを頂きながら見ました。
あっ!これも帰宅してビール片手で失礼してます。
今朝はマンボウを食、、た。可愛いい可愛いマンボウを、、。mikiさん?元気でしたか。

確かに蜂須賀小六が出てませんね~。
秀吉の部下は三成だけっぽいし。
あ、黒田官兵衛がいた…
それに今回の大河は戦国時代だけど
あまり合戦シーンが無いというか…
姫が主役だから、いつも城で待っているシーンになっちゃってますね^^;

昨日は三成が秀吉に毒をふきこんでたな~
石坂利休ピーンチ!

江からイ・サンは一緒ですね~
上にいけばいくほど、孤独なのはなぜか一緒。
国がどこであろうと。
秀吉は利休を、英祖は息子を。
江はいってましたよね。自分にふりかかってくるって。親の因果は子に報うから。

そうそう、合戦シーンほとんどなしですね。
すぐに「おかえりなさいませ」
きっと関ヶ原も。。
「ご武運お祈り申し上げます」
「おかえりなさいませ」ですね~。

天地人ではずっと出ていた景勝は出てくるのかな。
五大老だし、出るのかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GO その16:

« お気に入りの場所で空想モード | トップページ | 収穫ななめ目線 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー