« この「女」という生き物 | トップページ | GO その13 »

2011年5月29日 (日)

「割れ鍋にとじ蓋」考

最近よく思うのだが、夫婦って「似た者同士」というか「価値観が似ているな」あのふたり、というのがくっついてるようなのだ。

こんなところに車とめて…と思っていると、ふたり悪びれずおりてくる。

「どっちかが注意せぇよ」と思っても、どちらも悪いと思ってないから、あのふたりうまくいってんだろうな、なんて感じ。

先日も「そりゃ、違うんじゃないの??人として」と思うことがあったのだが…。後日その方の相方も全く同じことをしているのを見た時に、またもやと、思いを強くしたものだ。

 

 00100144

以前、電車が大きく揺れて、前に立っていたカップルの男性の方にに思い切り足をふまれたことがあった。

しかし、不可抗力であり、わざとではない。お互い様というものだ。

それなのに、男性はすごく丁寧に謝って下さった。恐縮していると、相手の女性も「痛かったでしょう」と心配そうに。痛かったけれど、しかたないのだ、この場合。

反射的に謝る人も多いが、踏んだ感触があるのに謝らないやつのなんと多いことか。

それも二人連れで。彼や彼女の前で人に謝るのがいやなのだろうか。

前出のこのおふたりも、また似ているのである。いい意味で。

この方達は夫婦だろうか。まだ恋人?? 自分の彼が人の足踏んで、そのままだったら嫌いになるなぁ、と思いながら家路についたmikiなのであった。

少し前にはやった『まちでみかけたバカップル』というのは、分母が大きくなりすぎてもはや使う人もいなくなったのか。

どしどしコメントをお寄せ頂きたい。

シリーズ化してしまおうか、という位レポが集まったら、新しいカテゴリーができる日も近いであろう。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« この「女」という生き物 | トップページ | GO その13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悪いバージョンでいいかなぁ。
不快に思ったらコメント載せなくていいのでね
あったよ、この春ドッグランで!

混雑してるのに父親と小学生の息子がドッグランの中でキャッチボールしてた
皆の冷ややかな視線を勘違いした父親は張り切り渾身の力で投げていた
隣で小学生であろう娘はこれまた硬いボールを思いっきり投げて何度も犬に取ってこさせていた
ワンコのボール、おもちゃも本来なら禁止のはず
母親は、何も言わず。。。

うわぁでたぁ。バカップルが子孫増やすの
まき~☆☆ わんこ絡むとよけいに怒り

誰か注意したら、ふたりして開き直るタイプだっ
MEIWAKU

隣の親子です!
道路は住宅街の開発道路みたいになっていますが
そんなに車が通らないことを幸いに
自分の敷地のように
どっちボールしたりバスケしたり、
コンクリートがビンビン響いて壁に反射して
うるさいったらありません
私が子どもに注意したら
別にいいじゃん”って感じで出てきて
夫婦で子ども監視しながら遊んで余計むかつきました
ラグはもっと強いので再度その親の前で注意しました(ーー゛)
父親はいつも曲がり角でゴルフの素振り練習していて
危ないったら・・・
この際ドーンと道路に車止めてやろっか!とか
車で帰って来て角曲がるとき、
ひきそうに近づいてやろうか!って
いつも思います(*^^)
(関係はすでに冷戦状態っぽいしね~(^◇^))
ちなみに私の旦那は平和な、ハト派ですが・・・
私たち足して二で割るとちょうどいい感じ~!
(でもハトでも怒るとめちゃ怖いから、やっぱ似てたりして~)

私達夫婦は、性格、価値観、全く似ていません^^;
同棲2年、結婚して9年一緒に暮らしていても、
価値観の違いが凄まじいです!
でも、ほとんどケンカになりません。
何故なら、私達は脳みそのどっかで、
「男と女の脳みそは違う」と理解し合っているのでしょう。そして、「産まれた親も、育った環境も全く違う者同士」って言う事も。

「価値観が合わないと上手くいかない」って言うのが
一般論ですが、私達の場合は逆に上手くいってると思います(笑)
何で引かれ合って結婚までしたのかが不思議なくらい、全く違う2人ですが。。。。
以前、そんな話を2人でしていて、少し分かった事が
「気が合うから」ではないか?と。
そんな様な気がします。


目に見えるようだっ
また、ラグ夫妻もステキ
ステキ同志だと、違うところが生きてくる。
割れ鍋にとじ蓋夫婦は、やなところがおんなじ。
近所にバカップルは困るねぇ。ラグちゃんがんばっ

気があう、というのは深いところで認めあっている
からだと思います。
割れ鍋夫婦になると「少し違うんじゃね?」と気づい
ても、まずい方にふたりしてひきずられていくの
だと思います。
割れ鍋夫婦が、価値観が同じでステキ夫婦は、むしろ
価値観が違う、ということなのかもしれませぬ。

本記事の写真に写るビーチベッド…懐かしい。Maldivesで我々の部屋前にあったベッド…だが、初老夫妻(モルゲン夫妻と命名)にズルズルって持ってかれちゃったから…毎日プールサイドで寝て、子供達の隙間ついてビート板使ったり…

すみません、全くワレトジネタになってない…

ちなみに英語では
Every Jack has his Gill.
どのジャックにもジルがいる…似合いの者がいる。
ですと。

Every Jack has his Gill.
なるほど~☆。ワレトジは、世界共通語的なのね。

でもモルゲン夫妻とのいすとり攻防が続いたこの
ビーチも、このあと、ツナミにやられてしまった
んだよね。

普段はあれこれと大事な人に悲しい思いをさせてるちゃちゃこは離婚歴があり、前の妻にもそれ相当の苦労を、いいえ、人様には有り得ない次元の悋気で迷惑を掛けましたね。自分のエピソードですと、前妻にも登場となるので止めます。
共通の友達の「S」さんは美人で有名です。その子が結婚後も関係を持てずに悩んでました。私は無責任にも「ホモ」でしょ。と言いました。10日後に「大変!」の奥さん。(登場!)Sさんが勤務変更で自宅に帰ったら「男性」とベッドに居たそうです。
聞けば結婚前も「関係」其れ男女間のはなかったそうです。でも、「君を大事にしたいから、、。」で我慢してたらしいです。愛の抱擁もなく。事件後もsさんはそのまま離婚もせずにいます。
mikiさんは?どう思われますか、、いいえ、女性の方は??それでいいのでしょうか。。
私夫婦は茶々子のせいで「バカップル!」です。奥さん御免!

ん~。Sさん達は気が合っているのでよいのでは??
バカップルはねぇ、気づかずにくっついているの。
人に迷惑かけながらね。
「俺らバカップルだね」とは思ってないはず。

たまに出会うドッグランに6,7匹のダックスを連れてくるバカップルに物申したいぞ!
一応一人1頭という約束の所で、
2匹連れてくる人もいるけど
それはちゃんと2匹とも管理できるからOKなわけで…
6匹も一度に見られるわけないじゃん!
あっちこっちでウ○チしているけど、取り切れてないし。
集団で吠えまくる、追いかける。
ドッグランを完全に自分たちのテリトリーだと思ってるワンコ達。
うちはトイプーだから追いかけられても余裕で振り切れるけど
集団で吠えながら追いかけられている様子は見ていてあまり気分のいいものではありません。
「追いかけっこ楽しいね」って、
こっちは落ち着かないし、全然楽しくありません!

え~っ
また困ったバカップルが、ドッグランに登場
まいったなぁ。
しかも、全然迷惑だって気づいていない、典型的な
バカップル。
余裕で振り切れる、というところに希望の光。
私が走っていって制裁するところだった(バカッシングル)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「割れ鍋にとじ蓋」考:

« この「女」という生き物 | トップページ | GO その13 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー