« 浅草呑みの続き がんばろう日本(酒) | トップページ | こんどの新月は5月3日15時31分ですと!! »

2011年5月 2日 (月)

GO その10

江の第16回は『関白秀吉』でした。

あぁ、お茶々が秀吉の手に落ちて行くぅぅぅ。

大っきらいな(と思ってる)人を「でも、すごい」と認める…。う~っ。

もう惹かれはじめているのね。

 

 Rimg0368

本日は「珍しい人が」ということで細川たまが細川忠興とともに、秀吉のところに。

細川たまは細川ガラシャという名の方が有名ですよね。

細川ガラシャは、それだけでひとつのドラマができるほど、波乱な人生を歩んだ方ですね。

だんな様の細川忠興は、まぁ目が利くお方なのでしょうか。本能寺の時には、舅明智光秀の誘いを断ったり。のちは秀吉に、秀吉没後は三成と敵対して家康に仕え…。時の人を選びとってる。

残っている話では、キリスト教に改宗した侍女達の鼻をそいだ、とかちょっと残忍なところがクローズアップされますが、美しい奥さんをずいぶん愛してたとも伝わっていますね。

が、しかし、細川ガラシャ、綺麗なだけではなく、非常に聡明だったといいます。お父様譲りでしょうか…。

石田三成の兵に取り囲まれた屋敷の中で、壮絶な最期をとげる彼女に、古き日本女性の誇り高さや強さをみたような気がします。

享年38歳

辞世の句:散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ




人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 浅草呑みの続き がんばろう日本(酒) | トップページ | こんどの新月は5月3日15時31分ですと!! »

大河ドラマ『江』」カテゴリの記事

コメント

まだ観てない~!
夕べ、実家から戻ってきたのですが、
江の放送時間には間に合うはずだったのに渋滞でダメだった。
録画予約はしてあるので大丈夫なんだけども~
明日からの連休中に正座して観るんだいっ。

今回はガラシャ夫人も出るんですね^^
私の実家の家紋は明智光秀と
まったく同じの桔梗紋なので
ついつい明智光秀関係を応援したくなります。

真保裕一さんの『覇王の番人』はお読みになりましたか?? すごく面白いです。明智さんてこうよね、という作品です。オススメですぅ。ますます応援したくなっちゃいますよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GO その10:

« 浅草呑みの続き がんばろう日本(酒) | トップページ | こんどの新月は5月3日15時31分ですと!! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー