« 無題 | トップページ | 祈る »

2011年4月 7日 (木)

ほんとに怖いのは?

ちっちゃい頃は普通に怖がりだった気がします。

地震もこわい、雷もこわい、おばけもこわい…みたいな。

古さが自慢??(伝統といふべきか)の学校も、七不思議を知れば怖いことがおきると、部活の先輩におそわって。

ある日いろんな先輩に教わったの数えたら八不思議になっとった

きゃーーーっ。

そんな部活の夏合宿は、古い古い合宿所で1週間。

最後の日は、先輩の怖い話を聞いてから(むろん校舎内にまつわるもの)肝試しに出かけます。先輩の怖い話に泣かされ、いやいや出発。

  Rimg0347

校舎の裏は山で、山と校舎の間の細い道を歩きます。

焼却炉があり、そこで最後のテニスボールをひろってもどります。

焼却炉のところにはもちろん、先輩がひそんでおり、我々1年をいまかいまかと待ちかまえていました。

ぎゃーーーーっ。

部活にもまれ、一年たってみれば、焼却炉の裏でいまかいまかと待ちかまえる側になっていました。

きゃーーーーっ。

後輩は、私がこわくて泣いたんじゃないらしい。

そんなところにいる私が信じられなくて泣いたみたい。ははは。

  Rimg0141

見えないものに対する恐怖が薄れてきたのはこの頃か。

暗がりだと生きている人の方がよっぽどぎょっとする。

高校からの帰り道、お腹がすいてたので荒れた墓場あたりをショートカットして帰ってた。

時間がとれずに、夜に墓参り(よくないのは知ってる)に行ってみたり。

出る出ると評判の社屋の地下の資料置場も、電気つけるのめんどくさいとそのままさがしてみたことも。

そうこうしてるうちに、おぅ…この方は。。この世のお人じゃないのか。

と思っても、最初だけ「!!」、でも生きている人に何かするわけじゃないし。

絶対大丈夫。念は残りやすいけど、生きている人もそれは同じ。

気合いを入れて歩いていれば大丈夫。



とはいえ、いままた目に見えないものがこわくなりはじめた。

目に見えないものとは、幽霊ばかりじゃないですよね。



そして今またものすごい地震だ。。

でも、部屋のものは何も落ちない。

この間の揺れがどんなにすごかったかだ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 無題 | トップページ | 祈る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとに怖いのは、幽霊やお化けじゃなく、
生きてる人間って聞いたことがあります。とはいえ、私も、怖いです
この前の地震以来、自然の脅威に脅えています。
自然が牙をむくと、人間なんて、ちっぽけなものだと
思い知らされました。

こんにちは つたないブログへようこそ!!

そうですね。ひとも自然の一部ですよね。
今では地震のメカニズムもかってるけれど、太古の昔、
人々はほんとにこわかったでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんとに怖いのは?:

« 無題 | トップページ | 祈る »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー