« 納豆ラプソディ | トップページ | 西新宿ランチシリーズ<3> »

2011年4月28日 (木)

断捨離<14>

miki断捨離ファンの方長らくおまたせ致しました。

ついに断捨離記事も<14>まで…きちゃいました 終わり見えず

この人のやってる事「断捨離」じゃないよね…。断捨離ブログで検索されてたどりついた方は、まことにがっくりされていらしゃることでしょう。

でも断捨離しようと思っている方々の大半が、いきつもどりつしながら本を片手、あるいは自己流で試行錯誤されながら実行されているのではないでしょうか。

断捨離しなきゃと思った瞬間、既に断捨離ははじまっています。

まだ、イメージトレーニングの段階?? 多いにけっこう。

そして、この記事内では成功例やコツは一切のせていません。

だってまだ途中だし。昨日だって、捨てちゃったスヌーピーのお弁当箱の写真みて、「これとこれはとっとくべきたったかな」なんてふと思っちゃったり。

    Rimg0194

そんな時、母のお友達がGWを利用して岩手に帰るといいます。

お友達は、被災地に本を届けたいから、読み終わった本とかないかしら??と母に打診してこられたのです。

図書館は全部流され、個人の蔵書も流され、学生さんも、一般の方も、避難されている方達も本が読めない状態らしいのだ。

そこで、お友達はかき集めた本を車に積んで被災地に届けると。

昨今の断捨離イベントで、本大好きな私のもとにあるのは、新しい本で1回しか読んでいない、または新しくないけれど、大好きな本だけ。それ以外は捨てたり、近所の図書館のリサイクルコーナーに持って行ったりしたのです。

が、しかし。私の手元に残っている精鋭部隊…。人々の役にたつ時がやってきました!!

柴わんファンのバイブルのような『ハラスのいた日々』をはじめ、私の愛した本をどんどん袋につめました。

100冊超え。不思議だ。捨てると思うとつらいけど、どなたかが読んで下さると思うと、なんだか手放すのも嬉しくなるね。

太閤記に、ディック・フランシス。推理小説からさくらももこみたいなゆる系、父から借りて返さない新宿鮫シリーズも。椿山課長にもひとはだぬいで頂く。本屋さんのカバーをとれば、新品同様。

本はよくあちらこちらで集めているようなので、きれいな本がありすぎ…という方は、次に読みたい方の待っているところへお届けするのもいいと思う。

当然だけど、きったない本や縁起でもない本はご法度みたい。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

« 納豆ラプソディ | トップページ | 西新宿ランチシリーズ<3> »

断捨離」カテゴリの記事

コメント

カバーをとれば新品同様にウケ

エライ!エライぞぉ!
きっと喜んでもらえるよ!
柴わんファンのバイブルまだ見たことない!
探してみよっと。

ポチっとしたら、
ランキングがupしてて
なんだか嬉しい

いつもランクングクリックありがとうございます。
心の中でいつも手をあわせております。

そして、本が好きなの??という感じの部屋になり
つつありますが…行き場所があってよかった。

ハラスのいた日々 映画、ドラマにもなっている
ためDVDで出ています。絶品です。ドラマ版が
おススメですが、号泣必至です。

本屋さんにて持ちかえる数冊の本、三冊の内、一冊ですかね、何度も問いかけて、しつこいぞと言われる本は
今の自分に受け入れられる本との出会い、楽しみですね
期待を裏切られる本・・・他の人には読んでもらえるかもね
なかなか出合えませんね・・・今の自分に最高の人 ニコッ

断捨離たいけど断捨離切れない本って
私もたくさんあります。
雑誌までも捨てられないで取ってあるものが
多数あります。
そんな本達を、本を読みたくても読めない
でいる方々に読んでいただけるのは良いですね☆
mikiさんは100冊以上も送られたんですね!
きっと皆ありがたく読んでくださると思うし、
喜んでくださると思います。
(私の捨てられない本は、送れるものがありません。)


今晩は。mikiさん。
旧宅を退散する時、、。
私がダンボールで運んだのは、
ブック・オフ。悲しい。
最初は高く売れる愛蔵の
綺麗な本を運びました。
で、後半は何度も読み返した
ボロボロの本でした。
でも、値段はつきません。
持ち帰ることも出来ません。
古本屋に行くと以外に、
そうした本が出回ってて
嬉しくてついつい喜び勇んで買います。
色が既に日焼してますが、
「誰が読んだのかなぁ。」と想像します。
mikiさんの愛蔵書は変色はなく綺麗、
上手く言えませんが、
きっとそれを読んだ後には
「ありがとうございます。」
が添えられるでしょうぅ。
沢山の人に読んで
欲しいですね!mikiさぁん!!

いい本に巡り合えた時の、あの幸福感!!
しばらく、その著者のものばかり読み続けて
しまいます。そんな大好きな本もたくさんいれ
ました。もう一度読みたかったら図書館で借り
て読みます。たくさんの方に喜ばれたらいいな。

最初は、高校生向けといわれたんですね。でも、
私の高校の時は柴田錬三郎とかだったんで
そのうち、子供からお年を召した方用、といわ
れたので、松本清張やら、井上靖、ほぼどんな
角度からもOKみたいなラインナップでしたよ。

そうですね。避難所で読書をされる方も多いかと
思います。読んだら、近くでまわしたりするのかな。
横山秀夫の半落ちや顔、これならどの世代もOKです
よね。これは新品です。
乃南アサやP.コーンウェルなどは、若い女性に。
「ペットが元気をつれてくる」は、動物の好きな
方に読んでもらいたいな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離<14>:

« 納豆ラプソディ | トップページ | 西新宿ランチシリーズ<3> »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー