« この部屋で使えそうなもの | トップページ | 輪番停電 »

2011年3月16日 (水)

祖母の戀のお話

祖母が通るとき、その男性(ひと)はいつも庭先で洗濯をしていました。


彼の下宿先は、祖母の通う小学校の通学路にあったから。。


いつもいつも彼は洗濯してた。靴下とかハンカチとか洗って干して…。


ずいぶん年上のそのお兄さん、彼女がある日ついに発した言葉…。


「男のくせに洗濯してる!!」

 Rimg0198

それから通るたびに「男なのに洗濯しちゃってぇ!!!」


この小学生ウザイ。。


そしていつしか少女は大人になって、親の決めた男性との結婚話もすすんでおりました。


彼女が発した言葉「私××さんと結婚する!」


別につきあっていたわけでもなんでもなくて。。


ただ、靴下を洗うその青年がずっと大好きだったの。


彼女が不器用に初恋を貫いた街を、私の愛する海がさらっていきました。


海からの優しい潮風に乗って、運ばれるふたりの思い出の街。


あとかたもなく、消えてしまった…。。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

          

« この部屋で使えそうなもの | トップページ | 輪番停電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の戀のお話:

« この部屋で使えそうなもの | トップページ | 輪番停電 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー