« 報われる人々 | トップページ | ごたび「かにぱん」ネタ…そして »

2010年11月10日 (水)

秋の夜長におススメの本

【陸軍士官学校の死】 ルイス・ベイヤード著 読みました。

(筋にはふれてませんが、ニュアンスを拾いたくない方はご注意)



最近は、ITはびこる現代社会のジェットコースター的ミステリーばかり読んでいましたので、車の代わりに馬の蹄のたてる音が聞こえてきそうなこの物語…久々に新鮮でした

200年近く前のアメリカのミステリー?ということで、最初、ジョニー・デップ主演の『スリーピーホロウ』という映画を思い出し(原作読んでないのですが)、ウエストポイントという場所が舞台ということで、ネルソン・デミルの『将軍の娘』という小説を思い出しました。(これを読んだ後すべてのデミルを読ませるほど面白かった

そして、若きエドガー・アラン・ポォが、事件にいどむ…。

もう読む前からすごいワクワクなんですけど…。

Rimg0196 奥がオス

今も昔もかわらないウエストポイント陸軍士官学校の閉鎖的雰囲気、じわりと背後をとられるような描写の主要人物達、ちょっぴりゴシックホラーみたい。

そして、あっと驚いて、じわっと涙して、えってそっくりかえって…そうきたか、の結末。(なんじゃそれ

全体的にトーンが暗く、せつないし、読後すっきりっでは全然ないのだけど…。。



買ってよかった~。本棚にもどさなくてよかった~(違う本買いに行ったらなかったんです)

今年いちおしミステリーです。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 報われる人々 | トップページ | ごたび「かにぱん」ネタ…そして »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

早速のご訪問ありがとうございました!
今後ともぜひぜひよろしくお願いいたします。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
よろしくお願いします…。(*^-^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長におススメの本:

« 報われる人々 | トップページ | ごたび「かにぱん」ネタ…そして »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー