« さすが伊豆~つづき~伊豆(女性)ダイバーの品格!? | トップページ | 「さすが伊豆のダイバー」ラスト »

2010年9月18日 (土)

さすが伊豆…さらにつづき…こうしてつくられる伊豆ダイバー

海外でも、日本人スタッフさんが働いているショップはあまたありますが、ちょっと前までは、「伊豆でとりました」「千葉でとりました」というと、それだけで『安心』してくれる雰囲気がありました。

伊豆や千葉の海は荒くて、そこでCカード取ったダイバーなら手がかからない…とでも??いや~。たぶん、講習が厳しかったんだと…。。

R0010192 飛行機から

そのちょっと前の伊豆での講習ですが…。。

たとえば、泳ぐ時の姿勢を良くするために(mikiが受けていた時は)首にウエイトベルト、両手首を胸の前、そこにもウエイトベルトをかけ(2キロ位ずつだったかな)50mプールをいったりきたり、いったりきたり。首が重いよ。手が疲れるよ~。と思ったほど泳いだら『はい、最後は後ろからサメが追いかけてきてると思って全速力で100m』などといわれるのです。

OWでも、海猿よろしく立ち泳ぎも手にウエイト持って。

海が目の前なのに、海には行けない。プール講習だけ朝から晩までが数日。


こりゃ、Cカードとるまでにプールで溺れ死ぬかも、と思ったのは、どんどん器材をはずしていく泳ぎ。マスクをとってレギュレーターだけなんて、どうやっても息するたびに鼻から水が入ってきてしまい、数リットルは水飲んだ感じ。鼻からね。(今なら何時間でもOKなのだが)目は痛いし。


400mが1セットなので、2セットなら800m、3セットなら…

R0010218 こばんざめ

でも、おかけでビギナーの頃、水中でけとばされてマスクが飛んだ時もあわてず、フィンが1つ落ちた時も片フィンで落ち着いて泳げたので(パニック→死に直結)やはり、私のような輩には厳しい体育会系があっているのだと感心した。


その昔はもっと厳しくて、指導IRの右手に竹刀、左手にムチだって(ほんとかよ)

⑥上記のような講習を受けた、というと「さすが、伊豆ダイバー」といわれますね。

まあ、これもセンスの問題で、社員旅行で南の島にいった時に1日でCカードとったという剛の者もいるわけで、人によりけりなんでしょうが。(剛の者はイントラとして活躍中)

明日はラストです。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへにほんブログ村 マリンスポーツブログへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

                           

« さすが伊豆~つづき~伊豆(女性)ダイバーの品格!? | トップページ | 「さすが伊豆のダイバー」ラスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

ゆけゆけ伊豆ダイバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすが伊豆…さらにつづき…こうしてつくられる伊豆ダイバー:

« さすが伊豆~つづき~伊豆(女性)ダイバーの品格!? | トップページ | 「さすが伊豆のダイバー」ラスト »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー