« 人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2 | トップページ | 人生にadiosか!?思わず思ったダイビングorダイビング旅 第4夜 »

2010年1月21日 (木)

人生にadiosか?と思ったダイビング編・ダイビング旅編 その3

今日は、夜から風が強まりました。日中ぽかぽかしていたぶん寒く感じます。。

いよいよ第3夜となり、自分の恥をさらすのも少しいやになってきました。
そんな今夜は、旅行編です。


その夏、清水の舞台からフロントロールをして購入したカメラとハウジングとストロボ。
はじめての撮影場所に選ばれしは、ロタ島。しかし、そこで待ち受けていたのは…。

3.地震・カミナリ・ハウジング

グアムとサイパンの間に位置する、透明度が良くて有名なこの島あたりのポイントならば、少々腕がまずくても、ちょっとはいい写真が撮れるんじゃ?
浅い考えとともに、サイパンで乗りかえ、ロタに向かいました。

着いたその晩 フィルムOK! 電池OK! 乾燥剤OK! 
準備をちゃくちゃくとすませ、心はすでに70m超えの透明度の海の中へ…

何撮れるかな。ま、マクロ向きじゃないけどね。ははは。

パッキンの部分には、ひとつぶのほこりもつけぬよう、用心深くセッティング。

ブルーグレーのハウジングは、にぶい光を放ちながら、明日にそなえて武者ぶるいしているよう…。

ん、武者ぶるいは私??

いや、建物全体!!

その時私は、ベッドの上で一瞬もんどりうったようにころがりました。

ベッドが縦揺れ!! ビックリして声もでず。

地震? こんな大きな揺れ!! どっかで噴火した?

ベッドから降りることもできず、ひたすらハウジングをだきしめ、リーガンみたい(知らない世代はググってね)

また、折からの低気圧のせいで、ホテルの部屋の外(廊下は外)へ出ようにも、ふろがまをひっくり返したような雨とカミナリで、天が割れそうになっています。天変地異?


こりゃ…ここで死ぬのか…??

おnewのハウジングを使うこともなく、1本も潜らずに、異国の地で、果てるとは…。

でも、私の頭の中は「ま、いっか」ちょっと笑いたいような気分です。


その後、村人が高台のこのホテルの周りににぞくぞくと集まりだしました。
ご老人がいいます。「わしは、この島で生まれての。70年以上住んどるんじゃが、こんなに大きな地震ははじめてじゃ。肝がひえたわい」miki訳

あとで聞いたら、震源地はグアム沖。このあたりかい!!

結局、低気圧のせいで、次の日もその次の日もボートが出ず、1本も潜ることかなわず。
ハウジングもまっさらなまま、すごすご日本に引き返したのでした。

注)旅先は危険なことばかりではありません。旅に出ていたからこそ、日本での危険を回避できたこともあります。

R0010288

人気ブログランキングへ

« 人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2 | トップページ | 人生にadiosか!?思わず思ったダイビングorダイビング旅 第4夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

人生にadios?シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2 | トップページ | 人生にadiosか!?思わず思ったダイビングorダイビング旅 第4夜 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー