« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

人生にadiosか? 思わず思ったダイビングorダイビング旅 第7夜

前日発熱した件では、いろいろご心配のメールを頂戴して反省しています。
市販薬1服で、完治の頑健なからだでございます。

今夜もバカさを露呈します。。

そして、なぜadiosか? それは東伊豆でよく使われていたから。
イントラになる前、ガイド研修でプロのベテランのイントラさん2人をIOPのブリマチ方面にガイドする、ということがありまして。

帰る方向が多少「あれ、こいつどこ行ってんだ?」という雰囲気なり、あとから「やあ、てっきりadiosコースかと思っちゃいましたよ」と言われてから、このadiosがお気に入りなんです。

私は通常、エアコンの風は得意ではありませんし、南の島でもあまり使用しないようにしています。寝ている間は体温の調節機能が起きている時の10分の1程度に下がると聞いたことがあります。夜中などは気をつけたいものです。

赤道直下の某島にいった時、まあダイビングのあとのお酒はいつでも格別なんですが、その日の体調もあいまって、早くに酔いがまわり、酒場にバディを残してひとり先に部屋に帰りました。
でかける時はエアコンは切りますが、その日はつけっぱなし。しかも、ドアをあけたとたん、かなり冷えているのがわかりました。
私は、リモコンどこかなあ、切らないと、、と思いつつも、からだが重くて、バタッとベッドに倒れこんで寝てしまったのです。



第7夜 南の島で凍死寸前!


寒くて寒くて、目がさめた。でも酔いは覚めていない感じ。
目はあいているけれど、目玉以外動かすことができない。

何もかけていないから、からだの芯まで冷え切っていて、でもからだを起こすこと不可能。
エアコンの風に直撃されている。リモコンはどこ~。

バディの帰還を祈っても、きっとまだまだ帰らない。

低体温症…になっちゃう。なってんのか?。

今度は覚めたはずの目が、またまぶたとドッキングしようとしている。
今度寝たら、確実に「死」だ。安らかに逝けそうだが、解剖時に胃の中の大量のアルコールが発見され、日本の家族が恥をかくであろう。
今際の際に、またくだらない事を考える。

助けて、なんとかしなくちゃ。
寒いを通り越して、この風「痛い」

昔、扇風機の風にあたったままうっかり眠っちゃって「夢」で三途の川の手前に行った経験があるので、これはほんとにadios。
みっともない、赤道直下で凍死。

ふっと、またうとうとして「ダメカモ」と思った時に、部屋のドアが…。
同等に酔っ払ったバディが「こ、この部屋白い!!」

エアコンがききすぎて、真っ白く煙る部屋の中で凍死寸前のバデイがころがっている。
た・す・け・て…。



バディの助けにより生還した私は、生まれて初めて次の日の朝のダイビングをパスしました。あのまま逝ってたら良かった、とつくづく思う二日酔いが待ち受けていたのです。

注)低体温になっている人の血液は、心臓を守るため、体の真ん中に集結します。
だから、「寒かったでしょう」と末端の手足をさすったらダメなんですよ。

R0010225

人気ブログランキングへ

2010年1月29日 (金)

人生にadiosか・・? 思わず思ったダイビングorダイビング旅 第6夜

痛む背中と熱にうかされつつ仕事も終え、しゃっきりするかとヨガに行き、落ちすぎの体重をもとにもどすべく、シュークリームとみたらし団子をこんな時間に食べつつ…。

誰とも休みが合わなくて、そんな時はひとりで行こう南の島。手軽に行けて綺麗な海はやっぱりサイパンあたりでしょうか。

第6話 異例!ひとりでのサイパンは、慰霊塔に合掌あるのみ!

サイパンあたりの海があんなに蒼いのは、マリアナ海溝から透明度の高い水が湧いているから、と聞いたことがあります。最深部は栄養も少なそうだしね…。


かなり前の話ではありますが、なぜかサイパンに行こう!と思い立ったら、そういう時に限って合わせたチャンネルで、第二次世界大戦のサイパン島が攻撃された当時の様子をドキュメンタリーでやってるんですよね。遊びに行く気持ちがひきしまる。ような気が。


さてサイパン。

ポイントに着くと、そのショップのスタイルで、船から次々エントリーし、下の砂地(10mない位)に降りて、全員そろった時点でゲージをガイドに見せてからの出発となります。

ゲージがぶらぶらすると、砂をかき回すしサンゴを傷つけるもとになるため、その後、各自BCのポケットに入れたり、胸のあたりにとめたりします。

私もゲージをガイドに見せ、ポケットにささっとしまい(その間数秒)顔をあげたら、、、、誰もいない。10人位のダイバーとガイドが車座のように立ち膝状態で周りにいたのに、です。

え、船なし、ダイバーなし。え~~~っ 3秒位しか経ってないでしょう。

50mは抜けている海です。100歩譲って、私がもたついたとしても、気配なくひとり残らずいなくなるもんでしょうか。

ここはセオリーどおり、360度見渡して1分待って浮上しなくちゃならないところです。
でも、360度、上、ななめ、どの角度もまったく誰もいないのです。

信じられない!!!!

とりあえず、5分は待って見ようか。ガイドが探しにくるかもしれないし。
なんか神隠しみたいでした。


それで、左ななめ前方に四角い人工的な石がみえたため、ここから距離も近いし、浮上前に見てみよう!!と思い、石に接近しました。 注)移動はご法度ですよ。

正面にまわってみると、それは「第二次世界大戦戦没者の水中慰霊碑」だったのです。


おおっ!!

私はこうべを垂れて、手をあわせ合掌。
「こんにち私がこんなかっこうで、楽しくあちこち潜ることができるのも、平和な日本になったのも、皆さまの犠牲の上に…」などとやっていると、突然肩をつかまれた。

マスクの中の目が完全に怒っている、フィリピン人のガイド氏だった!!

「なんで、単独行動してこんなところにいるんだ!!」と全身が言っている。

船に上がって説明しようにも、また「変な事言って」と言われる始末。
日本人のダイバーさん達にまで…。もうひらあやまり。
「君が一番手がかからないと思ったのに」   はいはい。



今回、何がadios要素だっんでしょう。


だって、絶対不思議でしょ??

私、どこに行ってたんだと思います??

ゲージをBCのポッケに入れて顔あげたあと、、adiosしてたんじゃないですかね。
あちら側へ。

激戦地だった海は、どこも深くて哀しい蒼さですね。


R0010231

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

ほんとに久しぶりに熱が出る

今朝、背中が痛くて湿布を貼った。


私の体温は低めですが、背中が妙に熱を帯びていたので、?

まさか熱がある?


めったに熱など出さないので、熱を計ってびっくり。


しかし、月末の午後、いつ休んでも今日は休んだらひんしゅくだなぁ。


なので、今から『ご出勤』なんです。


背中からサロンパス臭もさせて。

インフルエンザは予防注射したしなぁ。

2010年1月28日 (木)

女子会

人形町『もつ鍋さくら』にて、打ち上げが。
圧巻!素敵女子達!
(撮影者除く)
顔をお見せできないのがざ・ん・ね・ん!
二件目
ランチではときどき来るお店。
賀茂鶴さんのトイメン。
リアルタイムなので、よっぱらい!







そして翌朝の5:15

なぜ、2時に寝たのにこんなに早起きか??

というと、やっぱりチェックしてよかった。

店でアップした時は薄暗くてわからなかったけれど、
2件目の写真で、同僚の顔が出ていた!!

見せたいんだけど。。

数時間晒してしまい、ごめんなさい。。ふう~。
人気ブログランキングへ

2010年1月27日 (水)

人形町ランチシリーズ 第4回

なんと、めざした「賀茂鶴」さんが…閉店していた。
賀茂鶴といえば、広島の銘酒ですね。
ここは、通常の定食が850円で、1200円も出すとてんぷら お刺身  焼き物  煮物  酢の物 おしんこ  茶碗蒸し  などもりだくさんだったのに。
ある日の刺身定食
普通の定食にも、茶碗蒸しやら、いろいろついてきます。だから採算あわなくなっちゃったのかな。
店主のおやっさんがおつりを『はい。150万円』あまりに昭和すぎて笑っちゃったのに。
ということで、急遽近くの『ザ・築地』さんへ はじめてです。
四色丼 780円
その日の仕入れによる模様で、本日はイクラ、サーモン、ぶり、マグロの剥き身みたい。あとおしんこ、味噌汁
ぶりはぶ厚かった。
野球選手のサインがかざってありました。
おしいなぁ。賀茂鶴。
今、かなり混んでる地下鉄内ですが、ななめ前にDQ9  宝の地図探索中の男性発見。
右手は吊り革。左手でDSをはさみ、親指をものすごい速さで動かしているんである。
親指の第一関節から上を微妙に傾けつつ地図を進み、敵を見たことない業で薙ぎ倒し(私のタッチペンはたぶん止まってみえる程)サクサク進んでいる。
すごいです。
50歳は超えて(なかったらゴメンなさい)いらっしゃるように見えました。
ゲーム文化を支えていらしたであろうこの方に、心の中で手を合わせながら、幸多かれ!と見送る。
きっと、タッチペンなんか『笑止!』っていわれるんだろうな。(考えすぎか)

人気ブログランキングへ

2010年1月26日 (火)

人生にadios か!? 思わず思ったダイビングor ダイビング旅 第5夜

おはようございます。

なんと、通勤電車車中です。

せまっ!

昨晩やっと、「笑ってはいけないホテルマン」を観破! そのせいで更新できず…。では唐突に。

その5 ナイトダイビング時は、まわりのタンクに気をつけナイト

ダイブクルーズは、1週間とか船のりっぱなしですが、遠くてなかなか行けないポイントに行けるのが醍醐味です。

360度水平線!

文字どおり『朝飯前』の1本からナイトまで。
朝起きてすぐ潜るから、翌日からは『顔洗わなくていいや』なんて輩まで。(それは自分でしょ。→船上で水は貴重なの)

潜ってない時は、甲板で寝てるか、食べてるか、の極上生活です。

1日の終わりはナイトダイビングですが、実は私はあまり得意じゃありません。あまりいいことないし(やっちゃったねTOP10参照)あんな広い海で、あの閉塞感。
沈船、ケーブも、積極的には参加しません。
友達はケーブ大好きで、フロリダまでケーブインストラクター(?)取りに行きました。信じられん…。

狭くてOKなのは、好きなものに囲まれた私の部屋だけ。

その日のナイトは、けっこう流れていました。なので、いつも以上に固まって浮上。

私の立ち位置、いや浮いてる位置が悪く、目の前で、タンクがいきなりふりかぶられた時、逃げるに間に合わず、まともに脳天を直撃!

ガシッ!

一瞬、足の爪先までしびれ、目を開けることもできず、なにがなんだかわからず。私は暗くて深い海の底にゆっくりゆっくり沈んで行くような気がしました。

いよいよ、今際の際か。

まんまじゃん?て?実際そうだったんですね。インストラクターに支えてもらいながら、なんとか浮上。

でも、みんな私から離れてたって事で、【自作自演】とかろうじて思われなかったのは巨大なこぶ。

海にいる魔物?またしても出たか!白いウェットの幽霊め!(妄想)

しかし、ほんっとに痛かった!
親父ゆずりの石頭で助かったい

注)浮上する時(エントリーの時はもちろん)は、まわりに気をつけてね。
こちらにおしり向けてるダイバーからは離れましょ。

R0010215_2

人気ブログランキングへ

2010年1月24日 (日)

人生にadiosか!? 思わず思ったダイビングorダイビング旅 第4夜の続き

マレーシアの古い街、コタ・バルに降り立ったmiki。
迎えに来てくれるはずの人、車など、どこ探してもいなくて。しばし呆然。

~第4夜 つづき~

心細い中、ホテル側の車が渋滞(しそうにないが)に巻き込まれているか、何か事故でもおきて遅れているに違いない、もう少し待ってみよう。ときょろきょろする。

待てば待つほど、街が眠っていくような錯覚に陥る。
いい加減アクションを起こさないと。どんどん人通りも少なくなってるし。
すでに小1時間はたったみたい。その時の携帯は外国じゃ使えない代物だったし。
ついでながら、通りすがりの3人くらいに「このホテルご存知?」とガイドブックを見せるが、みんな知らないという。知られざるホテルか…。

振り返ると、飛行場は固く扉を閉ざしているし。

第一、お金がない。タクシーでとりあえずホテルに乗りつけて、という芸当ができない。
ホテルまで乗せてってもらって、文句を言って、その場で両替をしてタクシー代払って。
いや、かわいらしいホテルみたいだから、日本円から両替できないかも。
それにタクシーらしき車もとまってない。。


しばらくすると、暗がりを地元の女性とおぼしき方が歩いてきた。チャンス。
「私は観光客ですが、このホテルを予約して迎えの車を待っているのです。が、こないため、私は困っています。私は、両替する時間がなくて、電話をするお金もないのです。」
と言おうとサバイバル・イングリッシュを頭の中で組み立てる。

電話云々は、お金をめぐんで下さい、と言っているみたいに聞こえたらマズイから、聞かれたら言おう。

よく見ると、若くて綺麗な女性だ。こんな夜にひとり歩きは危険だ。いや、この街は治安がいいんだろう。ひょっとしたら、神がつかわした「天使」かも。

女性は不審がらずに私の話を聞いてくれ、「それは困ったわね」と言ったものの、どっかに行ってしまった。

adios 私の人生 野宿か~。あんなに食べたのにお腹すいたな。
明日の朝には夜盗に刺された屍ひとつ(そんな街じゃないよ~ん)

がっくりしていると、さきほどの女性が男性を連れて戻ってきた。彼はタクシーの運転手らしい。いや、あまり悲嘆にくれていたのと、天使が帰ってきたのが嬉しくて聞き間違い・・?

彼女が、「マレーシアのお金持ってないのよね。」と遠慮がちに言う。

でも、そういえばどっかに世界で通用する(はずの)USドルが入ってたはず。
なんと7ドル(も)あった。彼女におずおず差し出すと「いいわ、私がこの分両替します。」と計算してくれ、それはホテルまでタクシーで行くのに十分な金額。
たとえ、その男性が偽物運転手で、彼女がかなりぼったくったとしても、私はOKと思った。成田でせめてUSドルには、換えておくべきだったし。自業自得。

私は、あなたに出会えてどんなに嬉しかったか。非常に助かりました。テリマカシー
と心をこめて言ってみる。稚拙なイングリッシュで。

あとで計算してみたら、全然ぼったくりでもなんでもなくて、チップまで差し上げたい位でした。

ホテルまで、30分くらいかな。ちょっと脱力して(まだ緊張しとけよ)うとうとしてきた…。

ホテルに到着。私今夜予約していた者ですが!! 心配でついてきた運転手氏も横にいて、地元言葉でフォローしてくれる。

結局、私が予約した日だけ、サーバーがダウンしていた。との事。
サーバーがダウンしてても、自動的に「確認書」みたいなのは送られるのかな。う~ん。
注)ほんとにゴメンネ~というメールが後日届きました。

ちょっとオーバーなんじゃない? 人生にadiosなんて!ですと。
これは、経験してみないとわからないでしょう。はしょった部分にもいろいろあったし。

でも、知らない人に道端で両替してもらう、なんて後にも先にもあの時だけだし。

まあ、その後も地元旅行者との行き違いや、次の日の港までの珍道中。
やっと島についた時は、げんなりしてました。

R0010260




 

人気ブログランキングへ

人生にadiosか!?思わず思ったダイビングorダイビング旅 第4夜

今日スーパーに、「伊豆下田産」と書かれた金目鯛が「特売」となっていました。
なので、今夜のおかずは金目鯛の煮つけでした。
下田の海に思いをはせながらいただきました。

旅先でのハプニングは、人間を強くさせるというか、ずうずうしくさせるものですね。


第4夜 立ってる者は親でもつかえ、まして他人はこきつかえ…。


仕事でお世話になった上司の口癖でしたが、私にもそう思える時がやってきました。
なりふりかまってられない時ってあるもんです。

あれは数年前の夏、日本人にはまだあまり知られていない、マレーシアのプルフンティアンという島へダイビング旅行に行った時の事。友達とは現地合流となるため、知らない場所へのひとり旅。

マレーシアのクアラ・ルンプールなら何度か行っているけれど、あの大きい飛行場って乗りかえがなんだか不安。乗りかえ時間もあまりないし。。

まず、出発前に成田で預ける荷物が重すぎとカウンターで指摘される。(だいぶ削ったんだけどな) 預ける荷物から、5キロほど抜くよう言われる。ハウジングの入っているバッグを抜くとなんとか合格。もともとの手荷物と合わせて7キロ位を肩に背負う。

マレーシアリンギはその時成田では換えられず、現地のみとなっていたので、クアラ・ルンプールで換金するか、と。

定刻より遅れて出発した飛行機は、私をますます不安にさせるのに充分でした。
いつもは、なんとなくつついて完食などしたことのない「機内食」も、人間「次はいつまともなものを食べられるかわからない」という本能の前に完食。
(いつもは残しちゃう甘すぎるケーキも!)

ああ、これでは換金するのはコタ・バルに着いてからだな。クアラ・ルンプールでは無理。
ああ、軽めに走らないとダメなのかな??

うとうとする気もおきないほど、心配していた小心者の私。
こういう事は何度もあったけど、いつも友達が横にいてくれたから心強かったのに。
なんて心細いんだ…。単独潜水よりさみしいかも…。

そうこうして、7キロとなった手荷物を肩にかけクアラ・ルンプールの飛行場KLIAの中をひた走るmiki。
国内線でコタ・バルまで行く予定。走りながら「標識」を確認。
確認したつもりが、到着したのが「外」 こんなに広い飛行場の外へ走り出てしまったのです。ガックリ。ただでさえ時間がないのに。どうしよう。

今度はちゃんと人に聞いて、ばたばた走る。半分以上戻ったか…?
大きな荷物は、最終目的地まで行っているのは幸いだが。

なんとか国内線に乗る。ほんとにぎりぎり。
日本人はひとりも乗っていない。
コタ・バルは、真珠湾よりほんの少し早く日本軍が上陸したところです。
まさか、この機内で日本人と見抜かれたら??とバカな心配までよぎるしまつ。
しかし、乗務員にもマレー語で話しかけられ、マレーシアの人々にうまく紛れた感じ??

またしても機内食を完食。乗務員男性に笑われた。そんなに珍しい?がっついてたのかな・・・? なので「バグース」と親指を立ててみる。ここでマレーシア人じゃないとばれるでしょ。

すっかり日の暮れたコタ・バルのなんてさみしい飛行場。
残念ながら、両替する場所はなく、大きな荷物が出てくるのを待っていた私がどうやらしんがり。確かネットで予約したホテルの車が迎えに来ているはず。
名前の書かれたボードを持っている人はいないけれど、外かな。

外、、暗い。
誰もいないし。

現地のお金ないし。

ん~。

つづく

R0010218

人気ブログランキングへ

2010年1月21日 (木)

人生にadiosか?と思ったダイビング編・ダイビング旅編 その3

今日は、夜から風が強まりました。日中ぽかぽかしていたぶん寒く感じます。。

いよいよ第3夜となり、自分の恥をさらすのも少しいやになってきました。
そんな今夜は、旅行編です。


その夏、清水の舞台からフロントロールをして購入したカメラとハウジングとストロボ。
はじめての撮影場所に選ばれしは、ロタ島。しかし、そこで待ち受けていたのは…。

3.地震・カミナリ・ハウジング

グアムとサイパンの間に位置する、透明度が良くて有名なこの島あたりのポイントならば、少々腕がまずくても、ちょっとはいい写真が撮れるんじゃ?
浅い考えとともに、サイパンで乗りかえ、ロタに向かいました。

着いたその晩 フィルムOK! 電池OK! 乾燥剤OK! 
準備をちゃくちゃくとすませ、心はすでに70m超えの透明度の海の中へ…

何撮れるかな。ま、マクロ向きじゃないけどね。ははは。

パッキンの部分には、ひとつぶのほこりもつけぬよう、用心深くセッティング。

ブルーグレーのハウジングは、にぶい光を放ちながら、明日にそなえて武者ぶるいしているよう…。

ん、武者ぶるいは私??

いや、建物全体!!

その時私は、ベッドの上で一瞬もんどりうったようにころがりました。

ベッドが縦揺れ!! ビックリして声もでず。

地震? こんな大きな揺れ!! どっかで噴火した?

ベッドから降りることもできず、ひたすらハウジングをだきしめ、リーガンみたい(知らない世代はググってね)

また、折からの低気圧のせいで、ホテルの部屋の外(廊下は外)へ出ようにも、ふろがまをひっくり返したような雨とカミナリで、天が割れそうになっています。天変地異?


こりゃ…ここで死ぬのか…??

おnewのハウジングを使うこともなく、1本も潜らずに、異国の地で、果てるとは…。

でも、私の頭の中は「ま、いっか」ちょっと笑いたいような気分です。


その後、村人が高台のこのホテルの周りににぞくぞくと集まりだしました。
ご老人がいいます。「わしは、この島で生まれての。70年以上住んどるんじゃが、こんなに大きな地震ははじめてじゃ。肝がひえたわい」miki訳

あとで聞いたら、震源地はグアム沖。このあたりかい!!

結局、低気圧のせいで、次の日もその次の日もボートが出ず、1本も潜ることかなわず。
ハウジングもまっさらなまま、すごすご日本に引き返したのでした。

注)旅先は危険なことばかりではありません。旅に出ていたからこそ、日本での危険を回避できたこともあります。

R0010288

人気ブログランキングへ

2010年1月20日 (水)

人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2

今日は、昨日よりもっとあったかでした。

ダイビングは、器材中心、器材に思い切り頼るスポーツです。
常にメンテナンスを怠らず、その日の潮はその日のうちに落としたいもの。
でも、道具って調子の悪い時もある。バディが近くにいてくれると精神的にも安心。

さて、メンテナンスをしていても、こういうことってあるのよ~。しかし、これがあったから…。


2. 人間、無意識に2回はえら呼吸ができる??


友達とマレーシアのティオマン島に行った時。慣れている場所なので、バディ同志で潜ることもしばしば。あれは完全に2人の時。

そのとき私は、口元に違和感を感じたが、一瞬何がおきたかわからなかった。
なので、反射的に息をすった。空気がこないと思ったとたん、またすった。
苦しくはないのだが、なんか変だ。

すると、私の口ったら、マウスピースのみをくわえているじゃないですか!!!
レギュレーター(ひらたく言うと、タンクにつないでエアを吸う道具)はいずこ??

レギュレーターはありました。ちゃんとタンクにつながって、ぶらぶらしています。

その時の驚愕!! 

レギュレーターをマウスピースに仮つなぎするには、オクトパス(予備のレギュレーター)をくわえなきゃ。苦しくなる前に。ああ、こっち(オクト)はあんまり調子よくないんだっけ。
パージボタンも固いしね。吐く息残ってないし。(レギュレーターは、空気を吸う前に、息を吐くか、ボタンにより1回水を出さなくてはなりません)
逡巡する頭。きょとんとした顔のバディ。

上をみる。目視(あてにならず)10m前後か?(なぜかコンピューターは見ず)いっそ急浮上する?? 待って。バディがびっくりして追いかけてきたら??道連れ減圧症になっても!! ここで待っててという・・? 説明している時間はない。(マウスピースはすでにはずしているからよけいわかりにくい海の中)
刻々とLIFEゲージが減っていく。

いや、バディのオクトパスをまずはひと息借りてだな。近づいて「貸して!!」とサイン。

ていうか「OK」でる前に勝手に吸う。今度ははじめて本格的に水を吸う。ゲホこんな事なら自分のオクトでひと息。ああ、やっぱり水がじゅるじゅる。でもエアもちょい来た。
レギュレーターとマウスピースは心細く繋がってる。

この間、いったいどのくらいの時間があったんだろう。

上見て、バディみて、くるくる頭で考えて…。

でもよかった~。大事に至らず…。

最初の一息で思い切り水を飲んだら、LIFEゲージは危険ゾーンへ。どうしてふた息思い切りすったのに、大丈夫だったんだろう。えらで呼吸できてたんだろうか。
危険を察知して、のどが勝手に閉じた?わけないし。
吸えなかったあと、空気を吐いたから、肺の中に空気はなかったと思う。

よくわからない。

今なら、バディから近づいて自らオクトを口に持ってきてくれるだろうが。まだ我々は蒼いダイバーだった。

何がおきたか状況を把握するのは、水中ではけっこう大変。

ひとりだったら? カレントが強かったら? 沖出し(その1参照)につかまった時だったら?

でも、一瞬の間にいっぱい頭使って、一気に水面をめざさず、バディのからだも考え、安全を考慮できたから、私はイントラ目指します。と勝手に判断して、イントラへの長い道のりを歩みはじめたのでした。

注)普段使わないから、とかバディがダイビングうまいから、とかでオクトパスをないがしろにしないでね。SSIでは、エアがないバディには、安心のため自分の使っていたレギュレーターをはずしてくわえさせます。

R0010229 バディとの間にこんなに魚がいたら、「どいてどいて~」となっちゃうね。

人気ブログランキングへ

人形町ランチシリーズ 第3回

「月のあかり」さんにて
日替り定食 750円
お好み揚げ
小鉢2つ 麦とろごはん
お味噌汁
お好み焼きが、揚がってます。下にせんきゃべつがぎっしり。
挽肉がいっぱい入ってて、ピロシキみたいな。
おやつにも食べたい感じ。

人気ブログランキングへ

2010年1月19日 (火)

人生にadiosと思った?TOP10 ダイビング編・ダイビング旅行編

今日は、ちょっぴりあったかな一日でした。

よく、ダイビングをしていると危険じゃない?と聞かれます。
きちんと訓練し、ルールを守り、器材を適切に扱えば、とっても安全なスポーツといえます。

それでも、「」なこと、「」なこと。あることはあります。10もあるかな(笑)
6こ位はぱっと思いだすけど(爆)


イントラになる前には、「単独潜水」の経験を重ねなければなりません。頼るバディもなく、精神的にも緊張するし、いつも以上にきちんと計画がなされていなければなりません。そんなひとりぽっちな時に限って…。

1. ほんとにサヨナライツカなIOP(伊豆海洋公園)の沖出し

単独といっても、夏場の海洋公園はダイバーがたくさん。1番の根あたりは地元のショップさん、都心からみえてるショップさんでにぎわっています。
その日私は、1番の根の人ごみをさけて、砂地の上に出ました。砂地から2番の根にむかい中層をまったり泳いでいました。空を飛んでいるみたいで至福の時間です。

私の水深は14~16mくらい。
ふとコンピューターの水深をみると、19m。少し下がったくらいでBC(ジャケットの形でタンクをベルトで固定しています。タンクとも直接つながっているので、エアを吸気したり排気したりして、ふくらませたりもできます)に吸気をしないで、からだをたて、フィンキック…。キック。キック。タイキック…。「ちょ、ちょっと吸気しよっかな」→いちいち吸気したり排気したりのインフレーターホースを使うのはビギナー。おのれの肺の空気のコントロールと脚力で深度調節がベテラン。 

でも、ちょっとの吸気だけでは、同じ深度がせいいっぱい。
もっとエアをいれても深度は22m 27mとどんどんさがり、あっという間に30m 

「あら…」

IOPのHPにも書いてありました。「夏場の砂地の奥、沖出しに注意」と。

このひっぱられていく感じは…。まさに沖出しという名のダウンカレント!!
つかまりたい岩は、あんなに遠くに。中層が好きだから、自分でここに来たんです。

どうする。30mから一気に浮上→からだにダメージ。 いや、ひっぱられるからいい感じで上がれるのか?? 上がったとてどうする?? 岩場に近づけば、釣り客(魚が散らばるからダイバーが嫌い)から石もておわれる。。沖にですぎてるから漁船から怒られる。いや、何より水面を戻るのは、スキー場でリフトで下降してくるのに匹敵するほど恥ずかしい。

いつ捨てる?? 店の名の入ったウエイト(鉛の重り)を?? いやプライドを。。

なまじ脚力に自信があり、アゲインストのカレントに向かっていくのが好きだと豪語していたmikiは、海洋公園の沖出しにつかまって、どっかに流され、遺体もみつからないのでした。

海に花を投げ込む家族が見える

でも、ダメ。私はイントラになるんだから。
志なかばで海のもくずになることはできんわっ!!

たとえ、煉獄の砂地を這ってでも、どっかつかまる事ができる岩に到達するまでは!!

足の筋肉を総動員して、BCにはいっぱいエアをいれ、がんがん泳いで到達したのは…2番でした。

帰りは、岩場の近くを釣り糸に気をつけながら浅場に戻ってきたのはいうまでもないことです。注)通常はバディと一緒。危険な時は、一番安全な方法をとってね。
夏場のIOPの砂地の奥は危険。まさに深淵。

深淵をのぞく者は、また深淵によって覗かれている。ニーチェ

R0010294 

人気ブログランキングへ←ええっクリックして下さるんですか??

夜中にこんばんみ

ブログをはじめて1カ月あまり。
今朝は気づかなかったけれど、ついに「イタコメ」というか、心ないコメントがついた。
まあ、ベテランさんは慣れているのか、対策をこうじてらっしゃるのでしょうが。。

ブログやってると、気をつけなきゃいけない事たくさんあるんだなあ。と改めて感じます。

検索して来ていただいた方ががっかりしないよう、と気をつけつつ「え…。こんなワードで検索して来ていただいたんですか…。」と申し訳なく思ったり。

今、私は全く海に接するところがない県に住んでいます。
勤務先は都内ですが、海が見えるわけではないのに、地下鉄の階段をのぼりきると、ときどきふんわり海の香りがするんです。「雨が近いな」と思う時です。

潮の香りを胸いっぱいに吸い込むと(排気ガスも一緒だけど)がんばろっ!となぜか思えます。

R0010259

人気ブログランキングへ

2010年1月17日 (日)

自分の好きな色??似合う色??

HARUMIちゃんより「スポーツクラブ用にしてね。」と誕生日に頂いたTシャツを、昨日デビューさせた。絶対自分では手にしない明るいブルーのベースに黄緑色とか配色されていて、全体的にポップな感じ。HARUMIちゃんはこういうカラー着こなすけれど…。と思ったが、カードに「黒がお好みでしょうが、絶対似合うと思います!」と力強く書かれていた。

袖を通すと、なんだか気持ちがはなやぐんである。 
うきうきするというか。。そして、白いパーカーも一緒に頂いたので上に着ると、一足早い「春」到来!!

で、ヨガとステップに行ったのだが、はなやぎ気分とうらはらに、からだが固いのと、ステップが踏めないのとで、イラッとしたのであった。

人気ブログランキングへ

2010年1月16日 (土)

やぎ座の新月にお願い事しよう!!

新月にお願い事をするとかなう、といわれています。

今年に入って、はじめての新月。

ここのところのブログネタのおもいつきが、どうも「大好き日本酒TOP10」とか、野郎っぽいのしか出てこないので…。女性っぽい話題が欲しかった

あしたの16:10くらいまでにお願いするといいようですよ。

ことしは、満月からはじまり月末にも満月と、月に2回満月ですと!!

なんか、、驚くような(ステキな)ことがたくさんおきそう

人気ブログランキングへ

2010年1月14日 (木)

ピラティス

寒いですね。今宵はピラティスで爽快。からだはポカポカ。帰りは靴もぶかぶかに…。

頭の位置、足の左右差、肩の位置、本来はここにあったのね、という感じで調整できます。

もともと、ピラティスさんという人が傷病兵士のリハビリプログラムとして開発したため、畳1畳位のスペースがあればできます。マットの上で行いますが、立ったりしないですし。

でも、私の通うスポーツクラブでは大人気で、20人が入れる枠の今日は20番目。先週も20番目とぎりぎりでした!!  人の手でマッサージされるのも気持ちいいですが、自分の腕の重みや足の重みを感じながら、深層筋をどぁーっとのばしていく時間はほんとにいいです。

今日は、「右の肩があがっちゃってる」といわれました。自分ではなかなか気づかないですが、年数かけてどんどん歪んできちゃってるんでしょうね。仕事中、足も組むし。

あの終わったあとのスッキリ感。坐骨神経痛の症状がやわらぎましたし…。

筋肉の量がふえれば、基礎代謝も向上!! 同じ体重でも、体年齢が全然違ってきます。

帰ってからのビールがごくウマ ですが、それじゃダメなんだろか…。

人気ブログランキングへ←クリックしてみる?

2010年1月13日 (水)

人形町ランチシリーズ 第2回

水天宮前 築地 傳さんにて
ねぎとろ丼 950円
小鉢2つ 茶碗蒸し 小さなスイーツ おすまし
(茶碗蒸しのとこ切れちゃった)
1階はカウンターのみ。カウンターの中はイケメンさんぞろい。2階は座敷。
お会計の時、イケメンいわく『本日人形町店がオープンしました。そちらでは半額です!』
え…。聞けばこちらより、ずっと勤務先に近いではないか
しばし固まる我々に『あ、明日もなんで、明日よかったらどうぞ…』

人気ブログランキングへ

雪…そして 海中お楽しみTOP10

我が家の近くでは、昼頃雪が降ったみたいです。

都心ではずっと雨でしたが、一部で降ったみたいですね。
昨日じゃなくて良かったね。着物がぬれちゃうし。

今日は海の中で楽しいことTOP10です。怒られそうだからダイビングカテにしないんだ。
ビクビク みんなの一番後ろでやってね。

海中スパ 頭や肩、ふくらはぎとかをバディともみっこしましょう。からだに水圧はかかっているし、天然ミネラルにどっぷりひたってるし、ついでに耳下リンパ節あたりもぐいぐいと!!

海中肩車 これもバディと。縦(水面に垂直)でも横でも楽しいし、ふたりの息があえば「きりもみ」も!! 水深に気をつけろや。

人力スクーター 下になっているバディのタンクの半分より下方を持つ。そーっと近づいてふんわりつかむのがこつ。ちょっと楽をしたい時。

海中エアリング やや深めの粘質の水で練習するといいと聞きましたが、うまい人はどの水深でも出している。慣れたら自分の出したリングをくぐりましょう。

ザ・クイズショウ お互いがお絵かきボードを持っているとgood   自分全部を使って「字」を表したりして相手があてるんです。「これは誰でしょう」「なんといっているでしょう」とかも楽しい。

海中ヨガ 負荷がからだにかからないため、効果があるかどうか。しかし浮きながら立ち木のポーズとか、猿王のポーズとかしているダイバーは、ばかみたいで見ていて楽しい。

海中出初め式 海中アクロバットとも。二人組で、陸上ではできない(相手の頭の上に片手で逆立ちなど)ポーズを堪能。他のダイバーから見つかると怪訝な顔されるから注意。

サーチアンドリカバリー バディの大事なものをちょっとしたところに隠す。一歩間違うとほんとになくして大変なことになる。友情や愛情をかけてgo

海中合唱団 そのまま。はりきるとマウスピースがはずれるからね。鼻歌じゃなく口を動かして顔の筋肉も鍛えよう。

海中マラソン大会  中層を、陸で走るように体をたてて走る。いや、たて泳ぎ??手はぐう。ちゃんとふる。全然進まない。いたずらにエアを消費。南の島における最後の1本、ハウスリーフなどが向いている。あがったらハッピーアワーが待っている。

くれぐれもサンゴを破壊したり、魚を驚かせないようにね。

R0010282

人気ブログランキングへ←クリックしてみる?

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2010年1月11日 (月)

「やっちゃったネ」TOP10

野暮用ばかりでなかな海に行けませぬ。今日は行きたかったな…。

用事の帰りに、プリンタのインクが心細くなったのを思い出し、池袋のLABIへ。実ははじめて。何もインクだけを買いにこなくても、と思ったけれど。
やっぱりすごい人でした。三越時代に分けてあげたかったな

本日はダイビング中(前後含む)で「やっても〜た??」TOP10です

はっきり言って「そんなのかわいいもんよ」と言って頂く程度のものにおさめてみました。

1 ドライスーツでのIOP(伊豆海洋公園) にて。なんか潜りづらい、と思ったらウェイト忘れ。ああ取りに帰るのめんどうだなぁとあたりを見回し、知った顔の2人のダイバーから1キロずつもらい(→ずうずうしい)あとは石を拾って1本。なんか終わりの方は腰が痛くなりました。

2 プーケットのスミランクルージングにて。大きな船から小さな船に乗りかえてダイビングポイントに行くのですが、ポイントついたらマスク忘れに気づいたのです。まあ、近くだったんですが、乗っていたのが皆友達でしたので、大ブーイングでした。スミマセン。

3 体験ダイビングのお客様をご案内している時、コンピューターがなくなっているのに気づきました。おくりだしの入江に着いた時はあったから、このあたりに落ちているだろうと、あとで懸命に探しましたが…。アディオス 私のダイブコン…10万円でした。。

4 与論島のナイトダイビングにて。  船にあがる時、水面に顔出すかださないかで、手がのびてきたので、私は重いハウジングを渡して(白いウエットの腕だったから、地元のショップのイントラYさんの手だと思っていた)あがりました。
港に着いたら船にハウジング(大事なカメラも入っています。)が乗っていません。「あれ・・?Yさんに渡しましたよね」と言うと、Yさんは怪訝そうに「知らない。」ええ〜っ!! アディオス…は困る。翌朝、大捜索隊が。結局、ほかのショップさんが拾って下さって。師匠と泡盛持って謝りに行きましたよ。
でも誰の手だったんだろう。。ほんとだよっ!! 一晩海の底だったカメラ。現像したら変なものが写ってた? って事はないですが。

5 インド洋M  Bのハウスリーフのナイトダイビングにて。  潜った時は4人だったので、つかず離れずの隊形でしたが、ぶだいの寝姿をみる時にちょっと密集。私は上に人がいる感じがしたので、ぶつかったらいけないと思い、ちょっとじっとしてました。
すると遠くで3つの(私以外の)水中ライトの光が見えたため、「えーっ行っちゃったの?」と思いつつ、急いで追いついたんです。
確かに私のすぐ上に人がいる感じがしたのにな、勘違いか、と。しばらくすると今度はドロップオフの上の方に白っぽいウェットのタイバーが見えたので、師匠かと思い、ライトでちらっと照らすと、そのダイバーはタンクをしょっていませんでした。え…。素潜り?こんな時間に?もう一度照らすといませんでした。あとは心拍数が上がって、ほうほうのていであがりました。誰にも信じてもらえませんでしたが。見たもん。

6 東南アジア S島 すごく海がしけてきて、ダイバーの集まる食堂の入り口あたりも砂に浸食され海につかっていた時、友達のイントラから海に投げ落とされました。お姫様だっこのまま、ぶわーんと。。油断してたので、海中で水着がずれまくりました。
「ひどいじゃないの」とビーナスみたいに上がってこれたらよかったんですが、投げられた場所よりさらに深場に行って(しけてんだよ。海は!)命がけで水着を直し、げほげほいいながら上がってきました。ううぅぅ

7 富戸から家に帰って、ひとまずベランダでメッシュバッグをあけたら、すごいいきおいでふな虫が飛び出してきました。「きゃ〜〜っ」 というまに、隣宅のベランダへ。
どうしよう。そのまま逃げおおせても生きていけるんだろうか。まさか、このあたりの虫と一緒になって新種の虫が?? 海のない街で巨大化したら??生態系が狂ったのは私のせい??と妄想しきりのしばらくでした。

8 6での食堂。違う年に行った時。お皿を持ってて、おもいきりつまづいた私は、見知らぬ中国人ダイバー(3人連れ)のテーブルの上にばんっと自分のお皿をたたきつけてしまいました。皆さんびっくりして、それでも「Join us ?」とにっこり言ってくれました。ゴメンナサイ…。

9 もともと右の鼻が悪くて調子悪いのに、だましだまし潜っていた時に風邪もひき、上がった時に大スクイーズ。伊豆急の中で最悪の状態になり、救急車に発乗車。手術をしたらよくなりましたが…。鼻は治してから潜りましょう!!

10 海猿が流行っていた時、中学生の修学旅行ご一行様がスノーケリング教室に伊豆にやってきました。「海猿ごっこしようぜ」(ためぐちかい!!) といわれ、中学生相手に息止めをし(プールではなく、海洋公園の洗い場近くの浅い温泉) つぎつぎ脱落していくぼうやたちが「やっぱ、すげーな」と言っているのに気をよくして、実はブラックアウト寸前だったのに、涼しい顔で心拍数は200超え。

10の中学生は「俺らが沖で遭難したら、海保きてくれるんですかね」となんか嬉しそうに聞いてきたから「あのへんの沖なら私が助けてあげるから」とがっくりさせてあげました。

R0010442      

人気ブログランキングへ←クリックしてみるぅ?→にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2010年1月10日 (日)

大好きゲーム「シリーズ」編 TOP10

友達とかに薦められ、このゲームに出会えてよかった!!と思う時はほんといいですよね。本、映画同様、泣けてしまうゲームもありますし、まさにストレス解消!! もあります。

順不同でいってみよ~

幻想水滸伝シリーズ 一番好きなのは「2」ですかね。やっぱり。「3」でやめよっかな、と思いつつ、出ると買ってしまいます。私が一番好きなのはルックです。最後まで連れて歩きます。だから、ドラクエ9のすれ違い通信で、ルックという名前の方はいまだに「ロイヤル」に監禁したままです。友達に薦められた名作。

悪魔城ドラキュラシリーズ ムチがいいですね。ひっかけながら移動するのが楽しかった。キャッスルヴァニアとかも、ほんと画面綺麗で。

鬼武者シリーズ 一閃とか、ストレス解消にぴったり。「1」と「2」は2回位やったかな。新鬼武者あたりは、1回終わらせるのがやっと。鍵あつめたり、箱あけたりが新しいストレスを生み始めた…。

メタルギアソリッドシリーズ 大塚明夫さんの声がかっくいぃぃぃから、とばさずに、あらゆる会話を楽しむため、クリアまで膨大な時間がかかります。しかも、わざと高いところで手を離して「あ~~~っ」とか言わせたりもする。ふはははは。

ファイナルファンタジーシリーズ 「8」が好きとは先日お話したとおり。実は外伝的なファイナルファンタジータクティクスが一番好きかも。オープニングの音楽の出だし聞くだけでもせつなくなります。

バイオハザードシリーズ 「1」をやった時、操作に戸惑い(くるっと向きかえてから進む→今違うけど) 慣れたら、ほかのゲームができなくなったほど。最初はこわごわ進むけれど、クリスでSランクとるのに情熱をかたむけてた! コードベロニカの時は、彼からの電話も居留守を使ったほどに!! しかし!! 今は、のんびりまったり。EASYからスタート。

ドラゴンクエストシリーズ 「5」が一番印象に残っているかなぁ。主人公が過去に戻り、父パパスを説得しようとこころみると、「私の妻に似た目をした人よ。おぬしの忠告だけは気にとめておこう」 とパパスがいうところ…。泣けます…私だけ?

クロックタワーシリーズ 主人公は普通の非力な女の子。敵を撃退するのといっても、トイレのモップやフライパンでひるませる一時しのぎか、ちょっとした場所に身を隠す程度。だからきょわい。ベレッタかなんか持たせたい。

魔界村シリーズ  音楽も懐かしくて嬉しかったマキシモがちょっと難しく感じた時、もうこの手のゲームは卒業かと哀しくなった。超魔界村とか大好きだったのに。

デビルメイクライシリーズ 自分がこんな動きできたらいいのにな!! スタイリッシュ!!

以上、大好きゲームシリーズでした。どれもちょっとメジャーすぎたかな。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年1月 8日 (金)

インストラクターは体が資本

いつもレッスンに通っているヨガのインストラクターの方が、体調不良によりしばらくお休みされるという。

代行のインストラクターの方は、遠路はるばるみえたようです。

インナーマッスルを鍛えるためにはじめたヨガだけど、健康になりたいな、とはじめた会員さんは複雑だろうな。。でも、ヨガを生業にしていても、倒れる時は倒れるのだ…。

体が資本の仕事は大変だな。ダイビングもまたしかり。よく熱があっても潜っているイントラさんを見かけるけれど。

体は大切にね。

人気ブログランキングへ

出会ってビックリ!! こんなガイドはどうなの?? TOP10

もはや、2日続けてのTOP10シリーズ

海に潜る際、特に初めてのダイブサイトは、ガイド次第でとても印象が変わるもの。お国事情もありますが、個人の資質もあいまって、はっきりいって「2度とゴメン」なガイドさんから、同じポイントなのに、こんなに違うの? という位感動的な1本にしてしまうガイドさんまで、それはいろいろ。

よく、日本人ダイバーはガイドに頼りすぎるというのも聞きますが、その海を潜りつくしてこそわかる生物や、地形を短時間に堪能するには、地元ガイドさんによるガイドダイビングはかかせないと思います。

そこで、さまざまな海で出会った、さまざまなガイドさん(含イントラ)をご紹介!! 「ちょっとどうなの編」

注)いまでは、そこでガイドをしていない方がほとんどです。推察して会いにいかないように。。誹謗中傷ではないから念のため

1  すべてのお客のエアが50を切ったところで、あがるのかと思いきや、深めのケーブに入ろうとした南太平洋B島の某氏。みんなが入るのをいやがったため、彼ひとりでケーブに突入。しばらく外で待ってみたけど出てくる気配もなく、こちらのエアもつきかけ、放置して浮上。ボートクルーも別に心配そうじゃない。その後、30分ほどして浮上してきた某。どんだけエア持ちいいんだよ。てか、みんなを心配させてひとりで遊ぶなんて…。

2  今度は、誰よりも早く自分のエアがなくなった国内リゾート地の某氏。いろんなお客さんのエアをかすめとるように、ちょっとずつ吸いながら完遂。よい子はマネをしてはいけません。

3  お客さんがいない時、自分のカメラを持って水中撮影しているのはよくある光景。でも、被写体の近くに凶暴なゴマモンガラがいたとしたら??  ゴマモンを殺戮により排除して素敵な写真を撮り続けた東南アジアT島の某氏。

4  もうすぐダイビングボートが出航!というぎりぎりまで、まるで今生の別れのように桟橋で別れを惜しむインド洋Mのイントラ某氏、陸に残るイントラ某女子。あのね、2時間ほどでもどりますからね。毎回毎回、こちらもせつなくなりますから。

5  確か「地球の歩き方」にカリスマガイドと書かれていたインド洋Mのベテランイントラ某氏。チェックダイブの時から、下ネタ炸裂。その生物は、そういうことに使ってはいけません。

6  夢中で撮影している私のタンクと首の間にバイカナマコを置くのはやめましょう。Mシア S島の某Tさん!!

7  講習生が「日本人の女の子だから、君たのむ。」彼女の海洋実習に自分はボートにすらのらずに、お客である私に自分の講習生をお願いする、びっくり根性のMシアはP島の某氏。何かあったらどうするの? 

8  今度来るときはお土産にこれが欲しいとT島某B氏に真剣にリクエストされたのは、おせんべいやわさびではなく、日本の家電。2万位するの。ふ〜っ。

9  S島 ベテラン某D氏いわく「4ノットくらいかな」という流れの中、くるくる動くクダゴンベの撮影を強要。ほかのお客さんもいるし撮らなくてもいいです。と遠慮しているのに、上がってからも「あのくらい俺ならばっちり撮れる」といつでも自慢の俺様ガイド。ははぁぁ。

10  朝に非常に弱いT島の某M氏。朝は不機嫌だからスタッフもそっとしている。夜はパーティボーイで、周囲迷惑。彼が設計したといわれるダイビングボートは風が抜けず、酔うダイバー続出でさらに迷惑。

もちろん、お会いしたのは大半が素晴らしいガイドさんです。これからも、いろんなガイドさんにお世話になって、楽しく潜りたいです。

R0010412

  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ よろしくお願いします。

2010年1月 7日 (木)

海で遇って…びっくり! TOP10

ネタがなくなるとはじまる「10」シリーズ!! じゃありませんよっ

では、また順不同でいってみよ〜っ

それは…なんといっても

ほおじろざめ GBRにて。中型のめじろざめに、OGダイバーたちが嬉しそうに興奮しているから、HARUMIちゃんと、「ねえ、あっちの水面近くのサメの方がよろこぶんじゃね」とこれまた嬉しそうにガイドに合図したり、みんなに「ほらほら」と指差しておしえてあげたら、みんな急にしーんとして、それはいちもくさんに泳いで逃げてましたわ。。あがるまで「オーラのある大きなサメ」としか認識のなかった自分たちがきょわい

ハンマーヘッド(ひとりたび)  フィリピン スル海で。群れじゃないから写真が撮りやすい!かもと、ぐんぐん近づいて60mmマクロで撮りました。単体のハンマーは危険などと言われますね。ごめんなさい。

セイルフィッシュ  モルディブにて。私が前。HARUMIちゃんがちょっと後ろで、大好きな中層を泳いでいたら、ふたりの間を縫うように、泳ぎ抜けていきました。ばしょうかじきというんでしたっけ。かっくいぃぃ。

まぐろ これは世界中で見られます。いろんな種類があって。でも威厳があって、すごいパワー。まぐろ大好き!!

マンタ ダイバーならみんな大好きですが、特にスル海で下から2枚せりあがってきた時はじーんとしました。常に上にいる印象でしたから。下からですよ〜。

特大うつぼ 時に、胴回りが女性のウェストくらいある(地元ガイドさん決まり文句→女性のウェストもさまざまですが…) うつぼもあちこちで見ました。ティオマンで見たのは大きかったな。

R0010211

バラクーダ(トルネード)   シパダンも10年以上前は大変なことになってましたね。ぐるぐる感が。それでギンガメアジの群れとくんずほぐれつ。地元ガイドさんも「ギンバラ」なんて日本語をあみだしてましたね。

かめ 大きいのはほんとびっくりしますね。首あたりなんて爬虫類苦手な人はダメかも。

てんぐかわはぎ 自分、好きなんで。わかっている人達と潜ると、いれば必ずおしえてくれる。赤ちゃん…かわいいです。

バカダイバー まあ、これも世界中で出没するんですが。。自分も含めて、です。

R0010270  

足にわざとコバンザメをくっつけようとしたりだとか…。

あとは、ほんとは入れたい「じんべい」「いるか」「まんぼう」水中で見たことないし。まんぼうは、伊豆で網の中にいるのはみたんだけど…。

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 

2010年1月 5日 (火)

仕事始め

今日の仕事は、つらつらリハビリというかならしというか…と思ったけれど。(何年社会人やってんでしょうか)トテーモ忙しく、しっかり残業もした。しかも、酷なことに地元に帰る電車が、事故で遅延していた。

新年そうそう…泪そうそう…

そんな時、遠くに住む大事な友達からメールが来ました。お寒いブログの大切な読者でもあります。

「お父様お元気なのね。安心しました。」

そう、父は少し前にがんで大きな手術をし、腎臓を1個と半分摘出したんでした。

そっか、元気だから喧嘩もできるんだ。目からうろこ。インターフェロンなどが効かない場所だから、他の化学療法も、薬もなし。食事療法だけです。

結局喧嘩の原因も、食べるのが大好きな父にとってのこの「制限」が、とてもストレスになっていること。わかっているけれど、ついつい…。こりゃ私から折れますか…。

帰宅してがたがたしていると、父が部屋から出てきて「mikiちゃん、昨日ごめんねっ」といって、だだだっと部屋に入ってしまった。

先こされたっ!!

人気ブログランキングへ

2010年1月 4日 (月)

親父文庫

この本欲しいな…。そう思った時は父の部屋の本棚をチェックしてみる。焦って買うと先に買われてたり…。ひどい時は、買ったことを忘れた父が2冊、私が1冊、同じ本がひとつ屋根の下に3冊あることも。

昔、ファンだった野球選手が「週間ベースボール」のインタビュー中で「移動中はもっぱらXXXさんの○○という本を読んでますね。今4巻ですが」というのを読み、親父文庫を探索。全巻揃っているのを発見。徹夜で2巻ほど読み、「△△さんもXXXさんの○○を読んでいたなんて!!私はまだ2巻ですが」などと、ファンレターにしれっと書いたのを思い出す。

読もうと持ち出した「坂の上の雲」 テレビではじまっちゃうし…。

そんな父と今夜は喧嘩をしてしまった。

人気ブログランキングへ

2010年1月 3日 (日)

お花をもって

お墓参りに行きました。
通い慣れてる道ですが、なぜか地下鉄の出口をまちがえて、本郷からぐるっとお散歩しながら、白山まで。
かばんに剪定ばさみ入ってる。帰りは職質にあわないようにしなくちゃ…。

2010年1月 2日 (土)

三が日で一番おめでたい日は…

潜友より、豪華なお花が届きました。



生花市場がお休みな時期なのに、とっても生きのいいお花を毎年届けてくれるんです。

Rimg0183





(赤いトウガラシがかわいいっ



そんな正月二日は、私の誕生日です。



じょうぶなだけが、取柄の私ですが、今年もよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

2010年1月 1日 (金)

お年玉頂上決戦

元旦からガチンコ!


Wii『大乱闘スマッシュブラザーズ』



僕はメタナイトでいこっかな。


相手はこども?? かわいい甥っ子といえど、真剣勝負!


が、一進一退!

人気ブログランキングへ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー