« 人形町ランチシリーズ 第3回 | トップページ | 人生にadiosか?と思ったダイビング編・ダイビング旅編 その3 »

2010年1月20日 (水)

人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2

今日は、昨日よりもっとあったかでした。

ダイビングは、器材中心、器材に思い切り頼るスポーツです。
常にメンテナンスを怠らず、その日の潮はその日のうちに落としたいもの。
でも、道具って調子の悪い時もある。バディが近くにいてくれると精神的にも安心。

さて、メンテナンスをしていても、こういうことってあるのよ~。しかし、これがあったから…。


2. 人間、無意識に2回はえら呼吸ができる??


友達とマレーシアのティオマン島に行った時。慣れている場所なので、バディ同志で潜ることもしばしば。あれは完全に2人の時。

そのとき私は、口元に違和感を感じたが、一瞬何がおきたかわからなかった。
なので、反射的に息をすった。空気がこないと思ったとたん、またすった。
苦しくはないのだが、なんか変だ。

すると、私の口ったら、マウスピースのみをくわえているじゃないですか!!!
レギュレーター(ひらたく言うと、タンクにつないでエアを吸う道具)はいずこ??

レギュレーターはありました。ちゃんとタンクにつながって、ぶらぶらしています。

その時の驚愕!! 

レギュレーターをマウスピースに仮つなぎするには、オクトパス(予備のレギュレーター)をくわえなきゃ。苦しくなる前に。ああ、こっち(オクト)はあんまり調子よくないんだっけ。
パージボタンも固いしね。吐く息残ってないし。(レギュレーターは、空気を吸う前に、息を吐くか、ボタンにより1回水を出さなくてはなりません)
逡巡する頭。きょとんとした顔のバディ。

上をみる。目視(あてにならず)10m前後か?(なぜかコンピューターは見ず)いっそ急浮上する?? 待って。バディがびっくりして追いかけてきたら??道連れ減圧症になっても!! ここで待っててという・・? 説明している時間はない。(マウスピースはすでにはずしているからよけいわかりにくい海の中)
刻々とLIFEゲージが減っていく。

いや、バディのオクトパスをまずはひと息借りてだな。近づいて「貸して!!」とサイン。

ていうか「OK」でる前に勝手に吸う。今度ははじめて本格的に水を吸う。ゲホこんな事なら自分のオクトでひと息。ああ、やっぱり水がじゅるじゅる。でもエアもちょい来た。
レギュレーターとマウスピースは心細く繋がってる。

この間、いったいどのくらいの時間があったんだろう。

上見て、バディみて、くるくる頭で考えて…。

でもよかった~。大事に至らず…。

最初の一息で思い切り水を飲んだら、LIFEゲージは危険ゾーンへ。どうしてふた息思い切りすったのに、大丈夫だったんだろう。えらで呼吸できてたんだろうか。
危険を察知して、のどが勝手に閉じた?わけないし。
吸えなかったあと、空気を吐いたから、肺の中に空気はなかったと思う。

よくわからない。

今なら、バディから近づいて自らオクトを口に持ってきてくれるだろうが。まだ我々は蒼いダイバーだった。

何がおきたか状況を把握するのは、水中ではけっこう大変。

ひとりだったら? カレントが強かったら? 沖出し(その1参照)につかまった時だったら?

でも、一瞬の間にいっぱい頭使って、一気に水面をめざさず、バディのからだも考え、安全を考慮できたから、私はイントラ目指します。と勝手に判断して、イントラへの長い道のりを歩みはじめたのでした。

注)普段使わないから、とかバディがダイビングうまいから、とかでオクトパスをないがしろにしないでね。SSIでは、エアがないバディには、安心のため自分の使っていたレギュレーターをはずしてくわえさせます。

R0010229 バディとの間にこんなに魚がいたら、「どいてどいて~」となっちゃうね。

人気ブログランキングへ

« 人形町ランチシリーズ 第3回 | トップページ | 人生にadiosか?と思ったダイビング編・ダイビング旅編 その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ダイビング」カテゴリの記事

人生にadios?シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生にadiosか?と思ったダイビング編 その2:

« 人形町ランチシリーズ 第3回 | トップページ | 人生にadiosか?と思ったダイビング編・ダイビング旅編 その3 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー