2020年11月24日 (火)

風邪に気をつけよ~

朝晩と日中と寒暖差がけっこうありますね。

内陸は夏暑いけれど、一気に冬がきます。

家族が風邪をひいたので、気をつけなければ…。

さて、しばらく食べられなかったけれど、食べたかったものの中に生野菜があります。

解禁後は毎朝、大量のサラダをつくっています。

最近はセロリの若い葉?とセロリで親子だっ!ドバーッとか入れています。

15210802610651_20201124210201

トマトはいろいろ試したのですが、カゴメのラウンドレッドがお気に入りです。

ベビーリーフや大根、パプリカ、揚げ雑魚(サラダ用として売っている)にきゅうり、人参…。

冷蔵庫の野菜室は『漬物用』『サラダ用』『フリー』と入れ物をわけています。

野菜があっちこっちいかないよう、サラダ、漬物でかぶっている大根、きゅうり、人参などもそれぞれのトレーに入れています。

朝はサラダ用トレーだけとりだせばよく、夕方は漬物用というように。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月23日 (月)

桜が芽吹いて

桜の木の下を歩いていたら、もう新芽がでてきていたのを発見。

今年の春は見られませんでした。

この地に越してきてはじめての事です。

次の春は観ます。絶対に。

入院したては、あと1年以上か…なんて思っていたけれど、あと4か月ほどです。

昨日は延期していた外食を両親と。

001001081_20201123192301

店に入ったら、ほかのお客さんはいませんでした。

だんだんと席は埋まってきましたが、近隣はシャッターの閉まっている店、閉店した店も多く、大変だなと。

ごはんもおいしく食べられましたが、また父が涙ぐみました。

もう一緒に外食できると思わなかったのかな。

私なんてこんな治療して生きる価値があるのかいな…なんて思ったこともありましたが、私が存在しているだけで楽しい人生の人がひとりでもいる限りは、あきらめることをせずに生きていきたいと思います。


 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月22日 (日)

kirin rinn rin 第33話

朝倉勢とにららみあったまま膠着状態だった信長は美濃に戻ろうとしますが、光秀は京を捨てるのか…と、自身が朝倉に会いにいくことを告げます。

恩をいまだに返さないと嫌味をいわれつつ、光秀は越前は冬になれば山越えは大変、2万もの兵を春まで養うのも大変だといいますが。

帝の弟の覚恕は、兄に対してのコンプレックスで力をつけていった様に描かれていました。

それをどんどん信長がかすめとっていったと。

らちがあかないので、光秀は信長に帝を通じ、和議を結ぶ提案をします。

帝はあばら家の屋根を直してくれた信長に味方しようと引き受けます。

しかし、鶴ちゃんの摂津は大仰だけど、あのくらいクセが強い方がいいですね。

2013081911540001_20201122210301

信長様の戦はまだ終わっていない…。

比叡山を焼き討ちにしつつ、すべてを殺戮する指示のもと、女子供はにがせと光秀がいいます。

少し方向性が変わってきた…。

信長の極端な考えに違和感が出てきた頃でしょうか。

次回、摂津はあのような残虐な事をする信長とは縁を切った方がいいと義昭に進言するようですね。

筒井に味方する義昭と松永の戦を避けるべく動くようです。

筒井の重臣には、のちに石田三成の家臣となる島左近がいます。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月21日 (土)

バカ親子二代

先日テレビを観ていたら、とある人物が出ていた。

仕事関係で知ってはいるが、いい印象はなかった。

ほとんど話したこともないし、毎日電話を上席にとりつぐくらいだった。

ぼーっとみていたら、後ろから

「おれ、こいつ嫌い…。」

父が件の人について「いやな奴だった。」と。

一緒に仕事したことあるの??

15213348274561_20201121210401

そこから恨み節がはじまった。

私はたんたんと実際あったことのみを父に話して個人の感想はいれなかったのだが。

私自身何かされたとか言われたのではなくて、人としてどうかな…という行動をその人がした、という事。

「そーだ、そういうやつなんだよ。まったく。」

父と私の仕事に接点はなかったのだが、両方とかかわった仕事をしているその人はいまだ成功している人みたい。

「こういう生き方している方がいいのかもね。」などと庶民親子はいいあった。

しかしどうであろう。

親子2代に嫌われるとは…。

父も私も好き嫌いは全く違うタイプ(アスリートや俳優など)なのに、何年もかけて完全一致の人が出てくるとは。

あら、さわやかそうなのに…。

母はそういうけれど、〇〇そう…というのは胡散臭いのだ。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月20日 (金)

べんと~

さすがはプロ、というべきか。

百貨店で買い求めるお弁当はきれいだ…。

Img_20201114_165631

それでも、愛情たっぷりの自作弁当にはかなうまい。

1117

ガパオ(風)

ナンプラーとかないんで…。

タケノコも…。

1120 
ケンミンショーでみておいしそうだったという、父の買ってきた山形の牛そぼろを。

ほうれん草をゆでたあと、だし入りしょう油でちょっぴり味付け。

卵で3色だっ!!

1118

自分が好きな油揚げを焼いてショウガとおかかをまぶしたものを入れたお弁当。

かぶの葉っぱはつけものに最適。

かつて父の部下の方で今でも仲良しなJさん一押し「ななつぼし」で炊いたお弁当。

Img_20201116_165116

今日の白菜の浅漬けははゆかりと塩であっさり。

漬物はかかせない。


人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月19日 (木)

外来は3週に1度になった

がん患者の生存率が公表された。

あくまでも数字……の傾向がある、ということで末期のガンでも早期発見のガンでも治る時は治るし…。

固形ガンではなく、白血病はどうなのだろう。

過去の資料をさかのぼってもよくわからなかった。

罹患数が少なければ…。

急性白血病には、ステージという概念はないようだ。

016100791_20201119211801

急性というからには、みんなギリギリということなのだろうか。


本日は外来の日であった。

血液検査の結果は前よりもよく、週に2回の外来が週1に、更に2週間に1度となっていたのだが…。

今後は3週間に1度となった。

このように、再発しようとどんどん回復することもあるのだから、どうぞあきらめないでほしい。

「入院された時は、ずいぶん大変でしたが…。」というのは主治医の本音だろう。

ここまでこられるとは…と感慨深げ。

そこで太るためのチョコ努力(努力ではないか)聞かれていないのに、土鍋でご飯を炊くのがマイブーム、などと。

足もだいぶ太くなってきた。

腹斜筋の線も復活しつつある。




 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月18日 (水)

チョコとポテチの日々

太りたくなくて、我慢していた食べ物。

女子ならばその闘いは少女の頃から続く。

そして、今、太らなくては…などという自分は、ついにその禁断の食べ物を制限なく食べることにした。

たとえば、私の一番好きなチョコレート。

Rimg04511_20201118192701

昔は「このリンツのホワイトチョコを1枚いっぺんに食べることができたら…いや、がまんがまん。」

メルティひと箱、ダースひと箱、マカダミアナッツチョコひと箱…。

これらを毎日至福の思いで食べていたら、当然のことながら体重は7キロ近く増えた。

炭水化物、野菜、水分、そしてポテチとチョコ…。

酒と薔薇の日々、ならぬチョコとポテチの日々…である。

違う病気にならないか心配である。

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月17日 (火)

捕物から一夜

こわごわと窓を開ける。

大捕物から一夜、敵は全滅したようだ…。

以前もこの駄ブログに記したけれど、日野の山(舗装された歩道)を歩いていたら、街路樹からするーーーーっと蜘蛛が目の前に降りてきたことがある。

反射的に車道に飛び出た私。

まるで反復横跳びのように、飛んだ記憶がある。

車が来てなかったからよかったものの、バス通りである。

トラックも通る。

皆の迷惑になる。
001001081_20201116105401
あの人が車道に飛び出してきたんです。

運転手の方は言うだろう。

なぜかは永遠に不明。

当該敵はするすると元位置に戻っているだろうから。

ただ、一部の私を知っている人間は「ひょっとしたら…」と思いつつ、警察に言うこともできず、もんもんとして…。

まっこと迷惑な話である。

網戸ではない方の窓も開ける。

冷たい風に揺られて中堅の蜘蛛が。

きゃーーーーーーっ

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月16日 (月)

大捕物

悲劇は早朝に起きた。

喚起のために、部屋の窓を開ける。

私は一瞬何が目の前に現れたのか理解できず立ち尽くし、隣の部屋を掃除する母の元に這うようにして行き「た、た、たいへん。」といってガタガタと震える。

ドギトキするのが止まらず。

あなたは白血病です。といわれた時より数億倍のインパクトがある。

失神寸前、血の気が引いていくのがわかる。

ただでさえ不良な血がどんどんと下に下がっていってるのだ。

輸血プリーズ…
002600501_20201116101301
窓を開けたら、一面に蜘蛛の巣がはっていて、たくさんの蜘蛛がいてこちらを見ていた。

死んでサッシの溝につっぷしているものも。

夕べまで何もなかったのに。

母が窓の表に回ると、母蜘蛛らしきちょいでかい蜘蛛が鎮座していたらしい。

母の一撃で没した蜘蛛の子たちだったのか。

朝の蜘蛛は殺してはいけないといわれているが、よろこんで地獄に落ちよう。

私が世の中で一番怖いものは「蜘蛛」なのだ。

白血病ではない。


 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

2020年11月15日 (日)

kirin rin rin 第32話

足のすくむ思いをしつつも京に生還した光秀ですが、美濃から妻子が来ていてほっとする瞬間を得ます。

母親の牧は光秀の父らの菩提を弔いつつ美濃に残ることとなり、「どこまでいっても母上は母上…」と光秀は思うのでした。

撤収した際に失った銃の補填をまかされた秀吉と光秀が、宗久を訪ねます。

鉄砲300丁は難しい、250丁を用達する約束をしてしまった、と断られます。

宗久の茶会で出会った筒井順慶との折衝により、200丁を手に入れることに…。

そこでは出世した「こま」の口添えもありましたが…。

鉄砲を手に再び戦場に向かう信長でしたが、正面から一向宗徒と三好勢、背後からは浅井、朝倉勢と挟み撃ちになり窮地に陥ります。

00030003_20201114193501

まるっこく、ずんぐりむっくりな信長にまだ慣れないのですが、エキセントリックな感じはいいかなと。

「神仏を敬うのはわしとて一緒」と実際に背中に仏像をくくりつけて暴れたり…。

なぜ朝倉と浅井を叡山はかくまうのか、と問う信長に、信長様は叡山から多くを奪い、浅井、朝倉は多くを与えたと…。

次回は和議を申し立てるために義景の元に向かう光秀です。

延暦寺の天台座主、覚恕は信長を許すわけもなく…。

仏は重いですか…静かに笑う光秀がちょっと不気味な今宵でした。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

 

«悩ましい

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー