なんでもかんでもTOP10

2011年12月15日 (木)

今年の…「本」「ゲーム」「韓国ドラマ」

今年は、春夏秋冬で読んだ本をご紹介する予定が…頓挫(ノ∀`)

今年は自分で図書館にいったりして選んだ本はすくなくて、どなたかが読んでる本、面白いよ、といった本を読むという主体性のない年となってしもた。

とりあえず5冊。あとはゲームと韓国ドラマもまとめて。


では順不同にて~。★★★サイコ~で。


ロードサイドクロス ジェフリー・ディーバー ★★☆ 犯人解り易し

封印された系譜 ロバート・ゴダード ★★☆ テッパン

人生の終いじたく 中村めい子 ★☆☆ ジニーさんがよいと

外交官の決断 都倉栄治  ★★☆ とっくんのおじい様

戦国夜話 遠藤周作  ★★☆ 興味深い題材


ゲームはどれもやりかけ…かな。

ドラクエ3 携帯版 ★★☆ 懐かしかった!

幻想水滸伝 ティアクライス DS ★★★ 幻水 幻水と

FF13 PS3  ★★★ 早く終わりましょう 13-2が出るっちゅうに。

星のカービィ Wii ★★☆ かわいい



韓国ドラマはけっこう見たけれど…。財閥のお坊ちゃんにもそろそろあきてきた。

チュノ ★★★ オ・ジホさんは時代劇も似合う 

逆転の女王 ★★☆ 主人公があまり魅力的じゃないが

ロイヤルファミリー ★★★ 人間の証明リメイク せつない

イ・サン ★★★ まだ終ってないけれど…

 Rimg0418

とまあ、こんな感じでした。

 
      人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2010年12月28日 (火)

miki的面白かった本TOP10 2010下半期

毎度ですが、mikiがこの時期読んだというだけであって、今年発売の本とは限らないのです。ごめんなさい。そして順不同です。ネタバレもありでございます

201010271046000

1.アソシエイト ジョン・グリシャム

旅行のお供でした。通勤のお供にどうぞ。なんかのお供に丁度。



2.遠き面影 ロバート・ゴダード

だいぶ前に買っていたのですが、積ん読でした。⇒mikiの感想



3.陸軍士官学校の死 ルイス・ベイヤード

下半期一押し。⇒mikiの感想



4.誇りと復讐 ジェフリー・アーチャー

アーチャーにはずれなしという感じ?通勤時間は短くなります。



5.レクイエムの夜 レベッカ・キャントレル

はじめて読む作者というかデビュー作。「絶対にあきらめない。殺された弟のためにも。」という帯につられてみました。姉と弟って一番小説に出てくる組合せだと思うのですが…。陸軍…もそうだし。1931年ヒトラーが首相になる少し前のドイツの話です。

Rimg0201

6.フランキー・マシーンの冬 ドン・ウィンズロウ

「犬の力」の作者の新刊です。犬の力が面白かったから、期待大。
でも静かなはじまり。静かなる男。もぅ、また渋い主人公登場。かっこいいです。フランク。
娘の笑顔が世界、素敵な彼女がいるのに別れた奥さんの男性の影にちょっと嫉妬。日本で言うと団塊?のサーファー。でも昔は…。



7.サーカスの息 J・アーヴィング

え、今って感じですか。読んでみたかったのですが、最近やっと読みました。登場人物達が思うことがいちいち面白いし、たんたんと『首尾一貫していないという点では、彼は常に一貫していた』みたいな表現もおかしいし、猟奇殺人を解決していくミステリーという感じではないですね。エピローグが長くせつなかった。その中で3行ほどでしたが、宮本輝さんの小説を髣髴とさせる雰囲気を感じました。



8.マッカーサーの刺客 建倉 圭介

夫、子供、弟…大切な人を戦争に奪われた加代。マッカーサー撃つために故郷の丹波の山で猟の練習って。すごいな。つくづく狙撃?ものがすきなのね~私。なんか、加代は木村多江さんのイメージ。いかんいかん、すぐ頭で映像化。あの役は杉本哲太氏で、あの人は中村トオル氏? なんて。歴史がくつがえるようなラストではなく、みんなが思ってるラストになるのだけど、加代がんばれって思ってしまう。



9.ラスコーリニコフの日 佐々木 敏

和製「ジャッカルの日」などと書かれていたので手に取りました。「ジャッカルの日」大好き。以後、フォーサイス全部読み、みたいな。これは…全く違います。あんな遠い国のことではなくて、日本て危うい国だぁと身にしみてしまう一冊。ここにいたるまでスナイパーものを読み倒したせいか、スナイパー描写がちょっと。スナイパーって、狙撃練習とかものすごいみたいだし。ラスコーリニコフも……すぐわかっちゃうし。それにしても作者の佐々木氏はいやがらせとか命ねらわれたりとかしないのかな。



10.ホース・ソルジャー ダグ・スタントン

最近読んだ。⇒mikiの感想



下期のラインナップは、ちょっと偏ってるかな。第一次、第二次世界大戦の傷跡の話に北の諜報部員の話、米対タリバンのノンフィクション…。戦争反対でつ。なのに題材としては…ってやつです。泣くのはいつも女と子供でつ…。

上半期では「犬の力」が一番。下半期では「陸軍士官学校の死」。

違うタイプで両方スキですが、犬の力はもともと好きなタイプの話。

超ねたバレ】⇒犬の力は、映像化されても面白そうだけど……。

何より「活字」で読むからこそ、の楽しさが充実。

特に下巻の350ページ越したあたりからの息もつかせない展開。

ファンとノーラ、オートバイでとばすシーンの描写が大好きでした。

というわけで、mikiイチ 2010は「犬の力」 皆さんより1年遅れ…。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2010年9月14日 (火)

ほんとは大和撫子なのTOP10~つづき~

こんばんみ 今日も、雷雨

みなさんは濡れなかったでしょうか。

明日は涼しいみたいですね。


では…昨日のつづき、いってみよっ



⑥プエルトプリンセサ@フィリピン

市場をひやかしていたら、店の人に「君はシンガポーリアンか」と聞かれた。その頃、シンガポール人によりフィリピン人が殺される事件があったため、なぜか「マ、マレーシアンよ」と答えてしまった私。「そっか、マレーシアンか…」(納得したのかよ


⑦マクタン@フィリピン

初フィリピン。ダイビングショップのガイドさんに「君はお父さんかお母さんがアメリカ人なのか」と聞かれた。(え、英語の発音よすぎ→んなはずはない)「どして」「日本人って鼻が低いけど、君は高いから」んふふ。

Rimg0086

(ハナビラクマノミ)1匹でさみしそぅ…

⑧ルクソール神殿@エジプト

各国語の説明が、時間でわかれているため、友達と「日本語」になるのを待って入場しようとしたら、ゲートの係員に「君たち、これからの説明は『日本語』だぞ」と制止されそうに。日本語だから来たんでぃ。(江守徹さんと池田昌子さんの声によるしっとり解説にまあってよかったわ~)


⑨シパダン@マレーシア

食堂スタッフに「君と××(イントラ)はどういう関係なの」と聞かれドキドキ。「姉さん?妹?」(え…)「だって似てるから」そのイントラさん、お父様マレーシア、お母様フイリピンのハーフです。全く似ていませんけど。。




⑩ナイトクラブ@赤坂

昔、上司に連れて行ってもらったクラブ。ラオスから働きに来ていた女の子に「なんか、親戚に似てる子がいる」といわれた。上海から来ていた子にも「上海にいそう」といわれたため、次に入ってきたサラリーマンには「シャンハイから来た」とカタコトでいってみた。すっかり信じたので、これはいけないと思いすぐに説明したが、そっちが「ウソ」と思われた。




まだまだたくさんありますが、mikiって別に「エキゾチック」なわけではありません。和風総本家ですよ~。(豆助みてる?5代目も超絶かわいい)でも時々国籍不明かも。


まあ、東南アジアを旅行する日本人はこぎれいにしてるから、日本人に見えにくいのはヤバメかもしれませぬ。。。


そういや、こないだも成田でJALのCAさんとパイロットの集団がにこやかに歩いてきて、私がよけたら「Sorry」だって。今まで日本語で話してたのに。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ人気ブログランキングへ

                           

                           

2010年9月13日 (月)

ほんとは大和撫子なのTOP10

ネタ切れにともない、久々のTOP10シリーズを敢行

TOP10の中のTOP10では初期の頃乱発していたTOP10がみられます。ばかばかしくも、旅行記より好きという人もいる、mikiヲタのためのTOP10です。

本日は、too Japaneseな顔立ちのmikiがなぜか外人さんに間違えられたTOP10です。

まずは前半いってみよ~。


①ラオックス@秋葉原

m「恐れ入ります、ゲーム機器やソフトの売っているフロアは何階でしょう?」
若い店員さん「んと…えと、ニホンゴでセツメイ、OKでしょうか」カタカナ部分ゆっくり
(むしろそれで頼む。てか、ほかの言語はやめちくり。どこの人だとおもた?)



②成田空港

リムジンバスで帰る際、荷物を下にいれてもらう時に、係員のお兄さんが私にだけ「壊れ物は入ってないですか」と英語で聞いた。「入ってないです…」となぜかうつむいた…



③オーチャード通り@シンガポール

日本人男性2人組に英語で道を聞かれた。地図を見たら日本語なので日本語で説明。すると『日本語上手ですね』とほめられた

Rimg0182

(伊豆にもたくさんソラスズメダイ@セブ)



④The Face Shop@ソウル

日本語のできる定員さんも多い、人気コスメショップ。日本のマダムに『ねぇ、これの大きいサイズ、あるかしら』と聞かれて、本物の定員さんを一緒にさがした



⑤クアラルンプール飛行場@マレーシア

SARSの流行っている時、成田へ向かう飛行機の出発ゲートに向かっていたところ、マスクしたマレーシアエアラインの地上係員に呼び止められた
係『ちょっと、そこのあなた』
m『え…わたし?』
係『あなた、ハノイに帰るの?』 (帰る?)
m『私は、成田に帰るところですが…』(行くんじゃあない、帰るんやで


つづきはまた明日~。

ん~。くだらないっていわないでね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ人気ブログランキングへ

                           

2010年6月14日 (月)

今年読んだ本「TOP10」~2010上半期~

オランダvsデンマーク戦観ながら

日本戦はじまる前に…いってみよ~。
今スタメンも発表になりましたね。がんばって~。


今年に入ってから読んだ本の中で面白かった(と思った)本のTOP10です。
順不同でいってみよ~(`゜0゜')ゝ 新旧バラバラどす。独断と偏見と…。


1 ジェフリー・ディーバー 「ソウルコレクター」
  
以前の作品で、アメリアがへんちくりんな「沈船ダイビング」したあたりで一回興ざめしたけれど、シリーズものってなんかやめられない。読まないと置いてかれる感じがして…。
一か所、わかりやすすぎ~と思ったら「肩すかし」だったところが…。わざとだねっ!
××って△△の変装かと思った。。


2 ディック・フランシス 「拮抗」

共著って、どんな風な作業なんだろう。息子がほとんど書いて父はちら見で「よっしゃ」 なのか、父が口頭で息子が筆記?プロットから頭つきあわせて一行一行息子がパソコで入力…。そんなことばかり考えちゃうよん。でも好きです…。緊迫する場面もほのぼのしてるの。でも、大御所の作家さん達(ゴダードとか)も昨今はコンピュター関係の話はさけてとおれないから大変だ。。携帯を落としたり、火事でパソコン燃やしちゃったり苦労してる。はたまた年取った主人公に「機械は信用できん」と言わせて、PCに明るいわき役に説明させる説明させる…。


3 パトリシア・コーンウェル 「スカーペッタ」(上)(下)

これもシリーズものでついつい手にしてしまう作品。以前ケイがへんちくりんな沈船ダイビングしてから(またかい)興ざめしたんだけど。しかもだんだんケイが神格化されてきたよん。なまじ著者が「ケイ」のイメージといわれるからかな。自分誉めみたいな…。早く主要人物たちが本来の立ち位置に戻ってほしい。特にマリーノ…。


4 ジェフリー・アーチャー 「ゴッホは欺く」(上)(下)
  
この本、昨年図書館で借りて読んで面白かったからもう一度読みたいな…。と思ってたら、Harumiちゃんからの「私読んじゃったから返さなくっていいよ~」と誕生日プレゼントに同乗してきた。以心伝心。やっぱり通勤時間が半分になった。さくさく読めます。 


5 江國かおり 「東京タワー」
  
『恋とはするものではなく、落ちるものだ』…禿同

201004301747000

6 真保裕一 「アマルフィ」
  
期待しすぎた…。これは映画のプロジェクトの一環ね。ホワイトアウトみたいなのと思ってしまったの。もちろん、面白くないわけではないの…だ・け・ど。



7 スティーブン・キング 「夕暮れをすぎて」
  
短編集…。怖いのだけど、クスッ。怖いのだけど、うっすら涙がにじむような…。読ませる…。巨匠。長~いのもいいけれど、短編もお持ちしています。



8 安部 龍太郎 「蒼き信長」(上)(下)

戦国武将の中でもエキセントリックなイメージが強すぎて、変人好きなmikiでもいまいち好きじゃなかった信長。これを読んだら「いいかも」と思ってしまった。まわりの女性達も生き生きしてる。濃姫がかっくいぃぃ。



9 真保裕一 「デパートへ行こう」

デパートが元気のない現在、複雑に絡みあった人々が閉店後のデパートに大集合。途中でこの本挫折した人に内容説明する時、「ちょっと登場人物が多いかも」と(笑)。あと真保さんの若者に言わせるセリフ、特に女子のセリフがいつも痛い。やっぱり真保さんは男くさい物語が好きどす。あ、この本は面白いですよ。



10 ドン・ウィンズロウ 「犬の力」(上)(下)

なんか「このミス」1位といっても、普通の女子には手にしづらい「濃い」雰囲気の内容。ノワールっつうんですか。本のうしろのあらすじ、最初の数ページ読んでも。でも引退しそうなボブ(注・スティーブン・ハンター作品の主人公。長いシリーズ)に代わるちょっと不器用なでもかっくぃぃ大人男性主人公を探していたので、いいかも。

201005010750000_2

 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ


1日1回の応援クリック…。まことに恐れ入ります。

2010年5月26日 (水)

最強雨女…久々のTOP10だよ~

梅雨のはしりのような天気が続いていますね。。

仲間内では「雨女」とか「嵐を呼ぶダイバー」とか「悪天候」→P天功みたい? とか言われているmikiですが…。

じゃあ、実際実害はどのくらいあったの???みんなの気のせいじゃない??

以下「おいらの方がすごいやい」と言う方はかかってこんかいっTOP10


【1】運動会の当日が雨となり、予備日もみんな雨で、その年の運動会は中止となったことある。(無邪気な頃なので「せっかく練習したのにな」位しか考えてない)


【2】徹夜で並んだ屋外イベントが、雨で中止となる。中止の決定まで降り始めより2時間ずぶぬれとなる。(後日の代替の方が、ずっとよかったのでかえってラッキーと思った)


【3】テニスコートを借りていた2時間だけどしゃぶりで、みんなでお茶をするしかなかったことがある。(前後は嘘のように晴れていたので「山の天気は変わりやすいから」と他人事だった)


【4】九州に行った際、バスを降りて観光するという時に、バスを揺らすほどの雷と大雨。(「私晴女なのに、誰か雨女いるわねっ」と先輩女子が雷鳴より大きな声で言った時、「誰かな。」とあたりを見回した)


【5】カリマンタン(ボルネオ島)近くの島に行った際、船に乗り移る時にどしゃぶり、おおしけに。通常数十分のところ3時間も、たちっぱなし、ぬれっぱなし。(バッグの中もビニールに入れていたので荷物はOKだったが、ほかの人は中までぐっしょり。キーがさびついてあかなくなった人も…。そろそろ雨に対して人より準備をしている事に気づく)


【6】【5】の帰り。船→陸路→小さな飛行場についたら雷雨。すぐやむだろ、と思ったがあと2日間その町にいることとなった。(島だったら潜れたのにな…と何もない町でぼーっとしていた。)その町に1軒しかないようなとこやさん?「リンダ美容室」なる怪しいところで髪を切っていた人も…。チャレンジャー…。

Rimg0053 PNGでガイドのピーちゃん。これはダイビング船じゃないよ。念のため…。


【7】町のテニスクラブに通っていた頃、とっていたレッスン「水曜7時30分クラス」が、7週続けて雨で中止となった。(3月だったから…って意味わかんない)


【8】ゴルフにはまっていた頃、町のゴルフスクールの「夏季強化合宿」に参加した。目もあけられないほどのどしゃぶりの中練習した。現地には男性用のカッパしか売っていないため、ハニワのようなスタイルでナイスショ(山の天気って…)


【9】弟の結婚式が雨となり、予定していた「ライスシャワー」ができなかった。(さすがに心の中で手をあわせた。)


【10】伊豆でオープンウォーターの講習を受ける時、連続で休みが取れず4週末を利用して通った。3週末台風がきた。台風の中、海洋実習をした。台風の中、ごろた石でころんで流血した。(海って厳しいっと心から思った。そして、高波の中、ごろた石の上にフィンをくっつけたように微動だにしない先生をみて、すごい…と思った)

そのほかにも、ハウジング初のロタでも低気圧で1本も潜れなかったのは、他の記事でご紹介したとおりですし。雨じゃなくてスキー猛吹雪とか、強風すぎて「観覧車は今日は中止」とか枚挙にいとまがございませんっ。

新しい靴おろす時はビクビクですっ

モルディブなんて「雨季」にいくもん。いい感じで晴れるし。

お友達イントラYUKIちゃんが「私はエジプトで雨をふらせたわ」というけど、あちらでは雨天の時は「いいお天気ですね」といいます。人に迷惑かけるのがほんとの「雨女」です。
あっほとんど雨降らないといえばランギロアの飛行場タラップ降りた時、降られましたわ。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログへ

2010年3月 8日 (月)

3ヶ月たって…「TOP10」の中の「TOP10」

ブログをはじめて3ヶ月。

いつもご覧頂き、ありがとうございます。


今日は、「TOP10」シリーズの中でアクセスの多かった順に「TOP10」を並べてみました。読み返すと実にくだらないけれど (ただ、先日の「韓流…」は除きます…。)


1 やっちゃったね。

なんか、ほかにもやっちゃった事はたくさんあるけれど、記憶から消したかったりするのか思い出せないものもあり…。今度は人様の「やっちゃった」をレポートしてお届けします。


2 大好きダイビングポイント 第2段(第2弾というのとどっちがいいんだろ)

3 大好きダイビングポイント

純粋にダイビングのベストポイントをさがしているダイバーさんには、あまり参考にならなかったと思われるけれど…。古いログブックひっくり返しての作業。けっこう懐かしくて時間がかかりました。第3弾も…乞うご期待(いや…誰も期待してないと思われ)

4 海であってびっくり!

魚、生物もそうですが、やっぱり「へんちくりん」なダイバーには、驚かされます。今度はへんちくりんダイバーTOP10つくろう…。これから私と潜る方はわざと「へんちくりん」にならないでね。

5 好きな宿・部屋

ホテル名で検索をかけてきてくださって、がっかりして帰られた方多発なんじゃないでしょうか(笑)ホテルの名前忘れたり、資料がどっかいったりするんですが。またやりたい。

6 2009年に読んだ本

これは、個人的に読んで面白かった本達ですが、あとで「あっあれも…」「あっちの方が…」というのがありました。記憶の新しいうちに(季節ごととか)しよっかな。

7 大好きゲームシリーズ

挫折ゲームシリーズも裏で作ってみたんですが…(笑)シリーズものってあんまりなくて10も集まらなかったです。シリーズにしなければいいのか…。やろ!摩訶摩訶とかさ(笑)

8 人生にADIOSか!と思ったダイビング

これは第1弾ですね。「単独潜水」とかの検索で見えた方に「単独潜水」の心得(語弊あり)が伝われば…(笑)万一、不測の事態に陥った時、見得やプライド、根性、ウェイト、最後まで手放さないのは??

9 2009 お世話になったゲーム

DQ9廉価版が出ましたね。またDS持って通勤しようかな。最後には需要と供給がアンバランスになりまくった宝の地図、今ならありがたいと受け取ってもらえるかな。ロッカーの地図とかね。

10 こんなガイドはどうなの?

ほんとはもっといた個性的なガイド。お友達だから遠慮したり(書いちゃったのもある)


次点 水中お楽しみ

お楽しみは自分でさがすもの。でも、やってみて。天候等により、せっかくの旅行先で「え、このポイント…もう4回目だよ。カメラも持ってないしさ」みたいなダイバーさん、案外多いですよね。浮遊感を楽しめれば…。地形が…。なんて言ってられないぐらい残念な港の近くとか、すり鉢状のポイントで「時間まで遊ぶように」みたいに、ガイドさんに突き放されたダイバーさんとかにオススメですわ。。

人気ブログランキングへ

2010年3月 1日 (月)

ここで突然「mikiの好きな韓流スター TOP10」

順不同、敬称略でいってみよ~(独断と偏見によります)


クォン・サンウ  
この方はテレビ映りが悪すぎ!と思う  実際は中高な顔が小さく、すごく鍛えているけれど着やせして、肌もツルツル。かなり美しいです。

ソン・スンホン
黒目がちで、笑っても笑ってもどこか寂しげではかないイメージ。この方もかなり着やせするタイプ。ちょい舌足らずなところも 角度によって日本のイケメンサッカー選手都倉賢氏に似てる(と思うのは私だけか…ユーチューブでご確認を!)

カン・ジファン
「がんばれクムスン」を観破して、この方のこと「別になんとも思わない」なんて人がいるのかにゃ みな魅了されるはず。とにかくいじっぱり、照れ屋の役はほんとに○。スタイルもよいしね

ヒョンビン
日本人が好きなタイプの顔だちと思われ…。生意気な役の横顔も、せつない役のまなざしもみ~んなOK。もちろん、笑顔も。

キム・ジェウク
ソウルから日本へ飛ぶ飛行機の中で、偶然彼の隣に座った日本人のおじさんに「あの、ものすごいオーラの人、何者??」と知人が聞かれた逸話が(笑)  今旬な俳優さんですね。かわいいところとワイルドなところ両方あって、両方good

Rimg0031

チョ・ハンソン
恥ずかしそうに笑う顔がそうとう サッカーのナショナルチームの一員として期待されていたみたいですが、故障して引退、モデル、俳優へ。あんなGKに受けとめてもらいたいぞ!!(何をだ~っ)

キム・レウォン
この人も一枚写真で見るより、動いている方が断然ステキ。背高くておとなっぽいけれど、無邪気に笑ったり、怒ったり、泣いたり…。全部スキだ~~

パク・シフ
涼しげな目元が優しげ。凛としてて、時代劇にぴったり。彼、ダイビングが趣味とか…。ぜひ、ご一緒したいものです。

チソン
育ちがよさそうで、清潔感がありあり。主役も脇役もどつちもgood  笑顔にクギヅケ!!

キム・ボム
スンホン氏の少年時代を演じた「エデンの東」 かなり  これからの俳優さんですね。活躍が期待されます。ただイケメンなだけじゃない

最初に「いいなぁ」と思った サンウ、ハンソン、レウォン氏 この3人は、みごとイッコーさんの好きな俳優さんとかぶっていました

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2010年1月13日 (水)

雪…そして 海中お楽しみTOP10

我が家の近くでは、昼頃雪が降ったみたいです。

都心ではずっと雨でしたが、一部で降ったみたいですね。
昨日じゃなくて良かったね。着物がぬれちゃうし。

今日は海の中で楽しいことTOP10です。怒られそうだからダイビングカテにしないんだ。
ビクビク みんなの一番後ろでやってね。

海中スパ 頭や肩、ふくらはぎとかをバディともみっこしましょう。からだに水圧はかかっているし、天然ミネラルにどっぷりひたってるし、ついでに耳下リンパ節あたりもぐいぐいと!!

海中肩車 これもバディと。縦(水面に垂直)でも横でも楽しいし、ふたりの息があえば「きりもみ」も!! 水深に気をつけろや。

人力スクーター 下になっているバディのタンクの半分より下方を持つ。そーっと近づいてふんわりつかむのがこつ。ちょっと楽をしたい時。

海中エアリング やや深めの粘質の水で練習するといいと聞きましたが、うまい人はどの水深でも出している。慣れたら自分の出したリングをくぐりましょう。

ザ・クイズショウ お互いがお絵かきボードを持っているとgood   自分全部を使って「字」を表したりして相手があてるんです。「これは誰でしょう」「なんといっているでしょう」とかも楽しい。

海中ヨガ 負荷がからだにかからないため、効果があるかどうか。しかし浮きながら立ち木のポーズとか、猿王のポーズとかしているダイバーは、ばかみたいで見ていて楽しい。

海中出初め式 海中アクロバットとも。二人組で、陸上ではできない(相手の頭の上に片手で逆立ちなど)ポーズを堪能。他のダイバーから見つかると怪訝な顔されるから注意。

サーチアンドリカバリー バディの大事なものをちょっとしたところに隠す。一歩間違うとほんとになくして大変なことになる。友情や愛情をかけてgo

海中合唱団 そのまま。はりきるとマウスピースがはずれるからね。鼻歌じゃなく口を動かして顔の筋肉も鍛えよう。

海中マラソン大会  中層を、陸で走るように体をたてて走る。いや、たて泳ぎ??手はぐう。ちゃんとふる。全然進まない。いたずらにエアを消費。南の島における最後の1本、ハウスリーフなどが向いている。あがったらハッピーアワーが待っている。

くれぐれもサンゴを破壊したり、魚を驚かせないようにね。

R0010282

人気ブログランキングへ←クリックしてみる?

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2010年1月11日 (月)

「やっちゃったネ」TOP10

野暮用ばかりでなかな海に行けませぬ。今日は行きたかったな…。

用事の帰りに、プリンタのインクが心細くなったのを思い出し、池袋のLABIへ。実ははじめて。何もインクだけを買いにこなくても、と思ったけれど。
やっぱりすごい人でした。三越時代に分けてあげたかったな

本日はダイビング中(前後含む)で「やっても〜た??」TOP10です

はっきり言って「そんなのかわいいもんよ」と言って頂く程度のものにおさめてみました。

1 ドライスーツでのIOP(伊豆海洋公園) にて。なんか潜りづらい、と思ったらウェイト忘れ。ああ取りに帰るのめんどうだなぁとあたりを見回し、知った顔の2人のダイバーから1キロずつもらい(→ずうずうしい)あとは石を拾って1本。なんか終わりの方は腰が痛くなりました。

2 プーケットのスミランクルージングにて。大きな船から小さな船に乗りかえてダイビングポイントに行くのですが、ポイントついたらマスク忘れに気づいたのです。まあ、近くだったんですが、乗っていたのが皆友達でしたので、大ブーイングでした。スミマセン。

3 体験ダイビングのお客様をご案内している時、コンピューターがなくなっているのに気づきました。おくりだしの入江に着いた時はあったから、このあたりに落ちているだろうと、あとで懸命に探しましたが…。アディオス 私のダイブコン…10万円でした。。

4 与論島のナイトダイビングにて。  船にあがる時、水面に顔出すかださないかで、手がのびてきたので、私は重いハウジングを渡して(白いウエットの腕だったから、地元のショップのイントラYさんの手だと思っていた)あがりました。
港に着いたら船にハウジング(大事なカメラも入っています。)が乗っていません。「あれ・・?Yさんに渡しましたよね」と言うと、Yさんは怪訝そうに「知らない。」ええ〜っ!! アディオス…は困る。翌朝、大捜索隊が。結局、ほかのショップさんが拾って下さって。師匠と泡盛持って謝りに行きましたよ。
でも誰の手だったんだろう。。ほんとだよっ!! 一晩海の底だったカメラ。現像したら変なものが写ってた? って事はないですが。

5 インド洋M  Bのハウスリーフのナイトダイビングにて。  潜った時は4人だったので、つかず離れずの隊形でしたが、ぶだいの寝姿をみる時にちょっと密集。私は上に人がいる感じがしたので、ぶつかったらいけないと思い、ちょっとじっとしてました。
すると遠くで3つの(私以外の)水中ライトの光が見えたため、「えーっ行っちゃったの?」と思いつつ、急いで追いついたんです。
確かに私のすぐ上に人がいる感じがしたのにな、勘違いか、と。しばらくすると今度はドロップオフの上の方に白っぽいウェットのタイバーが見えたので、師匠かと思い、ライトでちらっと照らすと、そのダイバーはタンクをしょっていませんでした。え…。素潜り?こんな時間に?もう一度照らすといませんでした。あとは心拍数が上がって、ほうほうのていであがりました。誰にも信じてもらえませんでしたが。見たもん。

6 東南アジア S島 すごく海がしけてきて、ダイバーの集まる食堂の入り口あたりも砂に浸食され海につかっていた時、友達のイントラから海に投げ落とされました。お姫様だっこのまま、ぶわーんと。。油断してたので、海中で水着がずれまくりました。
「ひどいじゃないの」とビーナスみたいに上がってこれたらよかったんですが、投げられた場所よりさらに深場に行って(しけてんだよ。海は!)命がけで水着を直し、げほげほいいながら上がってきました。ううぅぅ

7 富戸から家に帰って、ひとまずベランダでメッシュバッグをあけたら、すごいいきおいでふな虫が飛び出してきました。「きゃ〜〜っ」 というまに、隣宅のベランダへ。
どうしよう。そのまま逃げおおせても生きていけるんだろうか。まさか、このあたりの虫と一緒になって新種の虫が?? 海のない街で巨大化したら??生態系が狂ったのは私のせい??と妄想しきりのしばらくでした。

8 6での食堂。違う年に行った時。お皿を持ってて、おもいきりつまづいた私は、見知らぬ中国人ダイバー(3人連れ)のテーブルの上にばんっと自分のお皿をたたきつけてしまいました。皆さんびっくりして、それでも「Join us ?」とにっこり言ってくれました。ゴメンナサイ…。

9 もともと右の鼻が悪くて調子悪いのに、だましだまし潜っていた時に風邪もひき、上がった時に大スクイーズ。伊豆急の中で最悪の状態になり、救急車に発乗車。手術をしたらよくなりましたが…。鼻は治してから潜りましょう!!

10 海猿が流行っていた時、中学生の修学旅行ご一行様がスノーケリング教室に伊豆にやってきました。「海猿ごっこしようぜ」(ためぐちかい!!) といわれ、中学生相手に息止めをし(プールではなく、海洋公園の洗い場近くの浅い温泉) つぎつぎ脱落していくぼうやたちが「やっぱ、すげーな」と言っているのに気をよくして、実はブラックアウト寸前だったのに、涼しい顔で心拍数は200超え。

10の中学生は「俺らが沖で遭難したら、海保きてくれるんですかね」となんか嬉しそうに聞いてきたから「あのへんの沖なら私が助けてあげるから」とがっくりさせてあげました。

R0010442      

人気ブログランキングへ←クリックしてみるぅ?→にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 mikiおすすめの逸品 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 sanzu spot THE BENTOH おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー